トイトレ開始!便座タイプ!元保育者が手順を解説するよ

元保育者★nana

生後10ヶ月、あと2日で11ヶ月の息子を育てるママです。

今日は息子がトイトレを始めたので、元保育者の経験も取り入れながら進めています。

トイトレを考えている方の参考にしていただけると嬉しいです。

ポイントなどお伝えできたらと思います。

 

トイトレはいつから?

トイトレは早い段階でできるのであれば、腰が座ればスタートできます。

月齢も小さいので、トイトレは必ずしもオムツを外すためにやる目的ではありません。

オムツ以外の場所で、トイレをする経験からはじめていきます。

おむつとは別に排泄するのははじめは戸惑うと思いますが、おしっこやうんちはトイレでするものと教えていきます。

スポンサーリンク

今のオムツはおしっこやうんちがでていることに気づきにくい

今のオムツはおしっこがでてもサラサラが続くように、高機能なおむつがたくさんでていますよね。

それぞれオムツメーカーには特徴があります。

オムツをつけているとおしっこがでた!嫌だなっ!気持ち悪いなっ!と不快な気持ちにならないのでオムツがなかなかはずれづらいのです。

布おむつはぬれたのがすぐにわかりますよね。気持ち悪いなってわかる方がオムツが取れやすいので、布おむつの方も多いわけです。

 

元保育者のトイトレスタート使用する便座はこちら

以前から用意していたアンパンマン 2WAY 幼児用補助便座 おしゃべり付 便座はこちらです。

子どもはアンパンマンが大好きな子が多いので、うちの子もそうなるだろうと予測して、早めから購入してありました。

アンパンマン 2WAY 幼児用補助便座 おしゃべり付 中身はこんな感じです。冷たくないように便座シートもついているのがありがたいです。

アンパンマンを持って座るタイプと、アンパンマンを背中の方に向けて様式にするタイプの、2タイプに使い分けることができます。

はじめは月齢も小さいので、しっかりつかめる、アンパンマンを持つタイプで座らせます。

ボタンも付いていてメロディーつきなので、楽しくトイトレを行うことができます。

トイレは狭いスペースに戸惑う赤ちゃんも多いので、おもちゃが付いていると少しでも安心できると思います。

歩けるようになったら、踏み台とセットで置きたいと思います。

 

赤ちゃんがうんちを出すタイミングをつかむ

  • 赤ちゃんの1日の様子を観察
  • おしっこは難しいと思うので、うんこのタイミングを記録

うちの子は朝ごはんを食べている途中や、夕方は必ずでます。

必ずしもその通りには行きませんが把握しておけば、トイレに連れて行くタイミングがわかり、成功するかもしれません。

 

スポンサーリンク

時間を決めてトイレに連れて行く

  • 朝起きてすぐ
  • ご飯の後
  • 昼寝の後
  • おやつの後
  • お風呂に入る前
  • 寝る前

だいたいどのぐらいの時間に何をするのかリズムが付いて入ればトイトレもしやすいです。

リズムをつけるのはなかなか難しいですよね…。

上の子が保育園とかに通っていると、なおさら時間も決まってくると思いますが…。

でもお風呂を4時に入ったり、8時に入ったりとバラバラだと、お風呂前に行く習慣にするのならば、なるべく時間を決めて生活出来るといいですね。

注意
お出かけの時とかはしょうがないです。家族の思い出、たくさんの経験を優先してください。

トイレに座らない?

トイトレをはじめる上で、便座に座るのを嫌がったりなど、色々でてくると思います。

元保育者★nana

そんな時こそ「アンパンマンに会いに行こっか」と誘導するなど、ママの声掛けが大事になってきます。

「おしっこやうんちはオムツでするもんじゃないんだよ。トイレでするんだよ。」と根気強く教えていきましょう。

 

声のかけ方

おしっこするときは、「しーしー気持ちいいねぇ。できたね!すごいね」とたくさん褒めたり声をかけてあげてください。

うんちするときも「うーんうーん」って一緒に気張ってあげてもいいと思います。

 

その他商品

他にもはじめから子どもが上がれるような踏み台付きの物もあります。

歩ける1歳半や2歳とか大きいお子様はこちらの商品もおすすめです。

折り畳みができると、便利ですよね!!

様々な商品がありますので、うまく活用しながらトイトレを進めていきましょう。

 

まとめ

トイレでできるようになると、自信がついて、トイレのアンパンマンに会いに行きたくなると思います。

自分で言えるようになれば、ステップアップもできるので、あせらずにトイレにまずは座らせることからはじめてみましょう。

うまくいけばオムツも汚れなくなります。外出先でも、トイレに連れて行くとしっかり出すようになります。

元保育者★nana

「やったトイレでできた!」と自信がつけるように、たくさん声をかけながら、少しずつ取り入れてみてください。

頑張って一緒に進めていきましょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です