【サニーマットの洗い方・洗濯機の手順】失敗談も含めてブログで解説

 

大切なサニーマット。わたしは我が子のためにサニーマットを手作りしました。

手作りサニーマットのオススメ理由をこちらの記事で紹介しています。

ぜひそちらもご覧ください。

妊婦生活何してた?手作りサニーマットを赤ちゃんへプレゼントしよう。4つのオススメ理由

 

さて、本題ですが、サニーマットを作る前に自分がよく【サニーマット 洗い方】と調べたことを覚えています。

せっかく作るのなら、お手入れの方法も知りたい。

そしてこの手作りサニーマットは結構金額がかかっているんです。

サニーマットの洗い方を一度失敗すると花びらのわたが全てよってしまい。花びらの中は空洞のところと、わたが固まっているところとえらいことになってしまいます。

そうなったとしても大丈夫!!

わたがよってしまったサニーマットの回避方法も、もちろんあげさせてもらいます。

手洗いの方法、洗濯機での方法を順番にご説明したいと思います。

 

その前に洗い替え用のシーツも買えるせんべい座布団もおすすめです♪

興味のある方は覗いてみてください!!



公式サイトはこちら

サニーマットの洗い方(手洗いの方法)

 

1.浴槽の広いところで2つ折りか4つ折りで、置きます。

2.赤ちゃんが直接寝るので、赤ちゃん用の洗剤とサニーマットがかぶるくらいの水をはります。

3.足でふみふみ押し洗いします。

4.栓をぬき、水を抜きます。

5.シャワーで流します。

6.ふみふみ泡を押し出す。

7.泡を流すのを繰り返します。(赤ちゃん用洗剤は残りにくいものになっているので、普通のものよりも洗い流しやすいです。)

小さく折って、大きめのバケツに水をはり、泡を流す場合もあります。

 

スポンサーリンク

脱水はいろいろな方法があります。

 

1.畳んでネット、洗濯機の脱水モードで40秒のコースにします。

2.天気のいい夏はよく乾くので、浴槽でサニーマットを踏んだり、手で気をつけながらしぼります。

3.バスタオルなどにつつんで水気を取っても良いと思います。

今の時期、夏の天気がいい日はよく乾きます。

物干し竿にかけて、大きい洗濯バサミでとめます。

真ん中の部分は、アイロンの熱でわたと布を貼り付けているのでよっぽどずれることは無いと思います。

何度も洗いましたが、真ん中に関しては全くわたはズレませんでした。

 

今回紹介しているサニーマットはこちら↓↓ネットでも購入することができます。

サニーマットを洗濯機でも回してみた!!

いつもは手洗いですが、久しぶりに洗濯機でも回してみました。

今回は成功したのでポイントをお伝えします。

❶サニーマットを画像のようにたたむ

❷ネットに入れる。(私はベビー布団に付いてきた洗濯用ネットを使いました)

手洗いモードで洗濯機で洗う。(洗濯用洗剤はオシャレ着用のアクロンを使いました)

スポンサーリンク

注意
以前は画像のようにたたんだサニーマットを縦に入れたら、花びらの綿がよってしまいました。今回はサニーマットがぎゅーぎゅーになり、動かないように横に入れてみました。それが良かったんだと思います!!今回は成功しました。いかにサニーマットを洗濯機の中で、動かないように固定することが大事だと思います。

元保育者★nana

確実なのは洗濯機を使わない方が安全なので、自己責任で試してみてください。わたしは成功してからは、毎回洗濯機で洗っています。

干すときは花びらをチェック。よれても諦めないで。

 

問題は花びらです。手洗いにしても、洗濯機を使ったにしても、干すときに必ず花びらのよれをチェックしてください。

洗濯機で失敗すると、花びらの中身(入ってた綿の形をしたまま)クルンとなり固まりのようになります。

ぬれたままくるんとなったわたを、元の場所に動かせば綺麗に戻ります。ぬれた綿は簡単に戻せます。

MEMO
干す時が大事なので、もし綿がよれてしまっても、その都度綺麗に戻してあげてください。

スポンサーリンク

サニーマットを使っているうちに

 

多少のことなら、床に敷いていればサニーマットの花びらもある程度きれいに戻ります。

花びらの綿の量も影響すると思いますが、、、。

わたしは少し少なめの綿で花びらを作ったので、それは少し後悔。

綿はしっかり入れた方がいいと思いました。

 

季節や成長に合わせて洗う回数を考える

 

秋生まれで、冬は寝返りもしないので、サニーマットの上に膝掛けを敷いてもズレたりしませんでした。膝掛けを定期的に洗っていました。

下の画像はサニーマットの上にひざ掛けを敷いて、息子がお昼寝をしています。

成長と共に、夏は寝返りで永遠に転がっていくので、サニーマットの上は何ものせていません。

ズリバイもするようになったので、あんまり乗らなくなり、サニーマットの洗う回数も減りました。

洗うのは1週間に一度が、2週間に一度になりつつあります。

動きすぎてオブジェ状態なので笑

でもお昼寝やオムツ替えには大活躍です。

 

まとめ

 

基本サニーマットはずーっとリビングのジョイントマットの上に置いたままです。

我が家のサニーマット、愛着が湧きすぎて本当に大切な我が家にはなくてはならない物です。

たまにお昼寝のとき、わたしもその上で寝てますし笑

サニーマットがくたってしているのも息子と共に過ごし、成長を見守り、役目をきちんと果たしている証拠だと思って気にしません。

サニーマットの洗い方は手洗いだったり、洗濯機で回してみたりと様々なやり方があると思います。

一番大切なのは、花びらのわたがよれないように工夫することと、よれてしまったとしても干した時に、ぬれたままその場でわたを直すことです。

洗濯機に回ったからといってぬれたわたがくるくるなったとしてもくっついたりはしません。

正しい位置に直すことで、乾いた時にはきれいに戻っています。

最悪置いておけば重力で軽くは戻ります。

私はサニーマットを置いだ状態でよく踏んでいました。

まっすぐになれぇと。

ずーっと手洗いでしたが、その後頻繁に洗うようになり、洗濯機で一度挑戦をしたら成功したので、2度目も成功すると思ったら、まさかの失敗してしまいました。なのでまた洗濯機で挑戦!!成功してからはこの記事の通りにやることで失敗なしです。毎回楽々お洗濯です。

 

元保育者★nana

はじめのうちはきれいな新品なので、なるべく手で洗うことをオススメします。大切なものなので、試すのは洗濯機で回す勇気が出てからで良いと思います。

今日もサニーマットをお洗濯して良い香り🎶良い気持ちです。ぜひ参考にしてみてください。

 

他にもオススメ記事

生後5ヶ月~7ヶ月半の赤ちゃんを一人でお風呂に入れる方法をご紹介!! 赤ちゃん[早起き習慣]もたらす効果!生活リズムをつけるポイント!! オムツアート【7選】生後1ヶ月〜6ヶ月お昼寝アート、寝相アート

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。