妊娠線予防おなかのケアはいつから?落とし穴や失敗談も踏まえて解説

 

妊娠線できることなら避けたいですよねぇ(^_^;)

わたしはずーっと前から、痩せてきれいなぺっちゃんこのおなかになるのが夢なのに、、、。

出産で妊娠線ができたらと考えると、出来る限りケアしたいものです。

妊娠線ができないために塗った方法と、妊娠線の落とし穴にも注目して分かりやすくお伝えできたらと思います。



妊娠線はいつからケアした?

わたしはおなかがポッコリ出てくる妊娠4ヶ月あたりから予防クリームを塗りました。

個人差がありますので、おなかが出ない人は本当に変わらないのでびっくりします。

わたしは戌の日には、おなかは結構ポッコリしていました。

もし塗れるのであれば妊娠3ヶ月から塗れていれば安心だと思います。

つわりでにおいが気になり、なかなか塗れない人もいますよね。

始めから急におなかは出ないし、ポッコリすると言っても微々たるものなので、そんなに焦る必要も無いのかなとも思います。

妊娠線予防クリームの塗り方は?

 

優しくなでるように、赤ちゃんに話しかけながら毎日塗っていました。

お風呂上がりのおなかがしっとりしている間にすぐに塗るようにしていました。

 

1日何回ケアした?

 

妊娠8ヶ月位にはドーーーンとおなかが大きくなってくるので、それまではお風呂の後乾燥するので1回は必ず塗るようにしていました。私は出産が11月で後期までは夏なので、乾燥しなかったという理由もあります。

自分の出産予定月である季節に合わせて塗ることをオススメします。私も冬にかぶっていれば塗る回数を多くしていました。

妊娠後期になると、風呂上がりと、朝の着替えの前の体重計に乗った後に塗っていました。

お風呂場、洗面所、目がつきやすいところに妊娠線予防クリームを置いておけば忘れません。

毎日必ず塗るようにしてください。



 

いつからが気をつけるべき?

冬の季節!!乾燥します。私は妊娠が分かったのが3月だったのでどんどん暖かくなっていくので、そんなに気をつけなくても大丈夫でした。

体形も関係します。ずーっと痩せ型の人は初期のおなかが膨れる時も気をつける必要がありますが、わたしはぽっちゃりなので、初期は大丈夫で、妊娠後期に一番気をつけました。

その人の皮膚の感じにもよります。伸びがいい人はできづらいです。塗らなくてもできない人はできないし、塗っても出来る人はできます。

でも塗らなければ確実に確率が上がりますので、気をつけてください。

妊娠後期は赤ちゃんの体重があっという間に大きく成長する時期がやってきます。もちろんおなかの膨れ具合もボーンとくるので、遅かったとならないように健診の経過も視野においておくといいかもしれません。

あと、自分の体重の増加も影響します。後期は息しているだけでも増えるといいますよね。(笑)

後期は体重も増えやすいです。その頃は何度も言いますが特に気をつけました。

妊娠8ヶ月ジャストまではわたしは妊娠前と変わりませんでした。

つわりも関係しています。詳しい記事はこちら

つわりの対処法、吐きづわり、食べ物の変化、何キロ減った?

そこから出産までに5キロ増えたんです。

先生にも心配されましたが、はじめにキープできたので怒られはしなかったですが、急激な増えは危険です。

妊娠線の落とし穴とは?

ズバリ!!

見えない部分です。意外に見落とす、下腹。お尻。ある日振り向いた状態で鏡を見たらゾッとしたという方結構多いです。

わたしはおなかだけ集中して塗りましたが、お尻もケアしたい方は気をつけて塗っていた方がいいと思います。

胸の下にできた話もよく聞きます。

目的に応じて塗るようにしてください。

話は戻りますが、おなかが大きくて全く下の方は見えません。

塗っているつもりがぬれていないことも。

境目の腰あたりまでしっかり塗るようにしました。

時々旦那さんに妊娠線ができていないかをチェックしてもらいました。

下腹は見えづらいので。

究極の落とし穴は産後です。

産後はやばいです。

妊娠線できなかったし、もうクリームぬらなくていいよね?と、産後放置。

産後こそ塗った方がいいと言った経験者が多かったです。

頑張って妊娠線予防クリームを塗ったからできなかったのに、産後ポッコリおなかが戻るのが早すぎてできたという、見落とした子が多かったです。

産後ってすぐにスッキリだと思いきや、意外にまだ赤ちゃんいるのでは?と思うくらい結構おなかは出ています。

戻りきるまでしっかりケアしてあげてください。

妊娠線ケアのまとめ

 

妊娠線ができたとしても頑張った勲章!!

でもできることなら妊娠線は避けたいという方は保湿を頑張ってください。

保湿すれば肌もやわらかいです。

肌も堅いと亀裂が。多めにクリームを塗ってしっとりさせていました。

しっとりさせたまま、腹巻きを必ずして保湿成分が逃げないようにパック状態にしていました。

元保育者★nana

冷えの対策にもなるので、風呂上がりは特にしっとりした肌に、保湿に腹巻きで乗り越えてください。

オススメの保湿クリームはこちら

妊娠線ケアで本当に良いものを選びたい方に

 

注意

下腹など塗り残しのないように。

産後のケアも忘れずに。努力が水の泡になります。

 

ちなみにわたしは産後あまり塗れませんでした。余裕がなかった。

でも妊娠線は全くできませんでした。

大丈夫な場合もありますが、周りは結構悔やんでいたので、入院セットに保湿クリームを入れておくといいかもしれません。

私が危なかったのは胸です!産後すぐに、胸が細川ふみえのように爆乳になりました。赤ちゃんがうまく吸えないのに母乳を出そうとする体。大渋滞。パンパンに腫れます。叶姉妹かと思うくらい膨れ上がりました。

整形かと思うくらい。

母乳が出始める頃は特に危険です。

胸にも気を使いたい方は十分に気をつけてください。

以上がわたしの体験談でした。



一緒に出産の備えについての記事はいかがですか?

陣痛室で必要なもの4つ。出産前の準備物紹介。 分娩室で絶対必要だと思う物5つ。出産に備えよう。 出産予定日を過ぎて悩んでる方絶対試してほしいこと5選 【実体験】3日間陣痛の痛みに戦った出産物語。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

こちらもオススメ記事

出産準備品リスト秋から冬生まれの赤ちゃんを経験した母がブログで解説