生後7ヶ月 赤ちゃんにオススメのおやつをブログで紹介します

 

 

最近おやつをはじめました。生後6ヶ月の頃は離乳食もすすんでいなかったので、あげていません。

生後7ヶ月を過ぎた頃からよく食べられるようになり、お昼も私たちを見てほしがるので、オヤツをあげることにしました。

元保育者★nana

生後7ヶ月はどんなオヤツをあげているの?と気になる方もいると思いますので、記事にしたいと思います。

 

まずは離乳食をとる時間から

 

 

朝1食目 9時半~10時

夜2食目 16時半~17時

 

この時間に決まったのは、息子がこのくらいの時間から、お腹がすいたと泣きだすからです。

まだ2食なので、最近はお昼頃もお腹すいたぁとぐずります。間におやつをあげています。

いつも食べさせていて、正直な感想もふまえ、おやつにしているものをご紹介します🎶

 

スポンサーリンク

生後7ヶ月のおやつお出かけ先でも便利

 

売っているもの

第1位

アンパンマンベビーせんべい

 

 6ヶ月頃から食べられる。

 大人気のアンパンマン!!可愛い。アンパンマンの印刷は袋だけど、、、笑

 丸くて持ちやすい。

 持ちやすい形なので、自分でおせんべいを持って食べることができる。

 意外に割れにくい。食べながらバキバキに割れたら拾うのが大変なのでありがたい。

 なめているところはおかゆのようにドロドロに。すぐにとけるから、喉につまらなくて安心。

 安くて買いやすい。

× とけて、服や口の周りが悲惨なことに。すぐに拭かないと、カピカピになって取りづらい。

すぐに濡れたタオルなどで拭けばオッケーです🎶

 

第2位

ハイハインの棒せんべい

 

 長細くて持ちやすい。

 アンパンマンのせんべいより、食べ終えた後が綺麗。

 小さくて持ち運びに便利。

 7ヶ月頃から食べられる。

× すぐに割れる。うちの息子が握るたびに、ポキポキっと一口サイズになります、、、。何度拾ってわたしが代わりに食べたか。。。でもアンパンマンより食べ終えた後が綺麗なので、愛用中です。

 

この2つはお出かけ先では必須です🎶

 

息子はおいしそうに食べてくれます。

ぐずった時も、これさえあれば授乳できない場所でも持ちこたえてくれます。

 

オススメのおやつお家でいるときは

 

手作りのもの

1位 きなこバナナ

  1.  絶対美味しい!!健康にも良い🎶

 バナナを温め具合が難しい。わたしがホットバナナが苦手なので。

2位 サツマイモミルク

 うちの息子はサツマイモが大好きなんです。さつまいもで快便です。

ちなみにミルクは試供品や飲まなくなったブロックのミルク🍼を混ぜています。

あまってももったいないので、ミルク🍼使ってます🎶

牛乳じゃないので、生後6ヶ月からでも安心して使えます。

3位 ヨーグルトフルーツ混ぜ

 便通にも良い!!ヨーグルトは、牛乳より消化吸収が良く、乳製品のスタートには向いているそうです。ヨーグルト少なめ、フルーツ多めです。

(甘いにんじんを混ぜたりします🎶)

 ヨーグルトの温めすぎに注意。分離します。

4位 果汁

スイカが特に大好きです🎶でも高い笑

 いちごでもメロンでもりんごでも。栄養満点🎶

フルーツは良いですね。

 

以上が、生後7ヶ月の息子のおやつでした。

食べる量が増えてきたので、お気に入りのおやつたちです。

 

以前は何でも手作りにこだわっていた

 

全部手作りがいいっていうママも多いと思います。

わたしも断然手作り派でした。

売っているものって何が入っているのか分からないし、作った方が安心ですよね。

離乳食教室で、市販の離乳食は味が濃く美味しく作られているから、偏食になりやすい。それを聞いていたので、引っかかっていました。

 

スポンサーリンク

でも!!

 

だから当分手作りで行くつもりが、、、。

ある日友だちんちに遊びに行った時に、飲み物を飲まないと熱中症が心配と、5ヶ月から飲める野菜生活のミニパックのジュースを出してもらいました。

作ったものしかあげたことがなかったので一瞬抵抗がありましたが、ピジョンのものだし大丈夫か?と飲ませてみることにしました。

最後息子の残した野菜ジュースを飲むと大人と同じ味!! 激ウマ!!

本当に5ヶ月から飲めるやつ?って思いましたが。。。

砂糖不使用って買いてあるので、安心です。美味しさに驚きました。

濃い味になれない息子は、ちょっと抵抗がある感じでしたが。

でもその友だちのおかげです!!

 

市販への抵抗がなくなり、おばあちゃんに買ってもらったせんべいも喜ぶので食べさせることができるように。

どんだけ神経質だったんだ。。。

あのきっかけがなかったら、今でも手作りにこだわっていたかも笑笑

市販は楽だし、何よりもちがいい🎶持ち運びにも便利!!安心して持っていける。

今日も外食中少しぐずっても、持ってきたアンパンマンせんべいで息子も上機嫌!!

そして、なぜかお腹いっぱいになりソファで寝ました。

ありがたい。

わたしの誕生日ランチも、ゆっくり食事をすることができました。

 

市販のものに抵抗がある方

 

はじめくらいは手作りで用意してあげたい。分かります。

もし味が濃いかな?大丈夫かな?と思う物があれば、先にお母さんが試食すると赤ちゃんにあげるのも安心ですよね。

今は紙パックの飲み物など、色々便利なものも売っています。全部手作りというのも愛情いっぱいでいいかと思いますが、お母さんの負担も大きいですよね。市販のものもうまく取り入れると、とっても子育てに役立ちます。

この間行った支援センターで、2歳と11ヶ月の子がいるママが「離乳食は市販のものしか食べさせたことがありません」と胸を張って発言している人がいましたが、何かしらの理由がない限り、出来る限り手作りのものをあげてくださいね。

意外に多いんです。この間イオンでもダンボール買いした方がいいのではというくらいカゴ満パンに市販の離乳食のカップを入れている人がいました。

素材の美味しさを、自分の子どもに味あわせてあげてください。

お母さんの愛情も伝わります。

離乳食含めての話になってしまいましたが、赤ちゃんの様子を見ながら量は調整していってください。欲しがってなければいいと思います。

離乳食の関連記事:生後5ヶ月離乳食はじめる7つのサインとは?10倍粥作り方をかえたら食べた体験談。

離乳食をかける時間・離乳食の記録 ・離乳食すすめかたについて

生後6ヶ月直前に離乳食が食べられるようになったきっかけ。進め方の失敗談も。

離乳食の便利グッズを紹介 ハンディタイプのブレンダーは必要?

我が家の離乳食 フリージングのやり方。100均アイテムを使う方法を紹介

最後に

 

うちの子は、離乳食と母乳では追いついてこなくなってきたので、おやつを始めました。

フルーツを離乳食の最後にあげても、お腹いっぱいであまり美味しそうではないし、食べ疲れてしまい、遊び出します。ダラダラ食べは良くない。短い時間の中で、ご飯に集中してほしいので、お昼に果物をあげることが多いです。

一気にたくさん食べると大人でも疲れちゃいますよね。

息子は集中力が切れて、首元のお食事タオルをいじり出したり、色々なものに手を伸ばしはじめるので、そうなったらおしまいです。

元保育者★nana

2食にこだわらず、分けて与えることができるおやつはオススメです。

 

一回の量もこれから少しずつ多くなっていくと思うので、これからも息子の様子を見ながら進めていきたいと思います。

 

 

ご覧いただき、ありがとうございました。