【赤ちゃん布団ける】秋や冬は寒い!手作りスリーパーが大活躍!

生後11ヶ月になった息子を育てるママです。

今日は息子の寝る時についてお話ししたいと思います。

 

元保育者★nana

秋になり、朝晩が寒く、布団をけるのでとても心配でした。

何度布団をかけても永遠に転がっていきます。

 

寝室はベットをあきらめ、敷布団で寝ていますが、敷布団の上で寝ていないことも多々…。

せっかく敷かれた布団は、朝起きるとわたししか寝ていないことも多いです。

さすがに一度も風邪をひいていない息子だからといって、さすがにやばいとこの画像の物ををクローゼットから出してきました!!

妊婦から用意していたスリーパー

妊娠している時にうまく時間を使いたくて、スリーパーを作りました。

こちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特大タンクトップのイメージです。

ダブルガーゼとふわふわタオルで作りました。

中はふわふわのタオル、表はダブルガーゼです。

パッチワーク風にして、柄が楽しめるようにしました。

色々なものを作りましたが、わたしの中で1番簡単だったのがスリーパーです。

MEMO
切った布を裏同士を2枚重ねて縫い、ひっくり返したものを、表と裏作るだけなのでとっても簡単です!!あっという間にできました。詳しくは下で解説します。

スポンサーリンク

スリーパーの作り方

スリーパーの作り方は簡単です。

準備物

スリーパーになる布4枚

ボタン9個

飾りボタン2個

❶子どもで大きめにかたを取る

❷布2枚、裏同士をひっくり返す分を開けてぐるっと抜う。

❸ひっくり返して、開いているところを閉じる(スリーパーの前と後ろを行う)

❹前と後ろを合わせて、ボタンを肩に2つ、脇の下に左右3つずつ、股下に1つつける

❺飾りボタンをつけたら完成

行程としては、サニーマットと同じような感じで簡単でした。

妊婦生活何してた?手作りサニーマットを赤ちゃんへプレゼントしよう。4つのオススメ理由

大きさではスリーパーのが圧倒的に小さいので、作るのもあっという間でした。

100円均一の布とタオル、ボタンで作れました。わたしの買ってきたのはこれです↓↓

1枚の布にすればもっと簡単だったんですが、つなぎ合わせて、パッチワーク風にしたので柄も分かれてかわいくなりました。

今年の冬は大活躍しそうです。

 

スリーパーは購入できる

忙しい方や自信のない方は購入できます!こちらの商品です。

 

可愛いのがたくさんありますので、のぞいてみてください。

手作りと購入品両方愛用しています↓↓遊んでいたら力尽きました。

赤ちゃんが寝てしまっても、スリーパーを簡単に装着することができる

❶画像のようにスリーパーを置きます

 

❷子どもを上に置いて、肩と左横腹、足のボタンをとめるだけです。

昨日も寝てから着させました。

横向いて寝てもスリーパーも一緒についてくるので、寒くなくていいですよね🎶

スポンサーリンク

まとめ

赤ちゃんが布団をあまりにも蹴るので、風邪をひかないのか心配でした。手作りしたスリーパーを思い出し、着させてみました。

子どもはすぐに布団を蹴飛ばすので、スリーパーはこれから大活躍しそうです。

エアコンをつける夏にも使えるからいいですよね。

去年の新生児の頃はおとなしく寝ていたので、布団もかぶせることができあまり使いませんでした。

大きめに作っておいたので、来年の冬も使えると思います🎶

簡単なので、他のバージョンも作りたいなと🎶

スリーパーをつけた赤ちゃんは、とっても可愛いですよ。

寝る時に大活躍のスリーパーについてでした。

少しでも参考にしていただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です