手づかみ食べおにぎり手につかない!10ヶ月特訓中!3分で喜んで完食

 

生後10ヶ月半の息子を子育て中のママです。

息子のご飯、大好物なおにぎり!!のりが大好きなので、おにぎりにするとぺろっと食べてしまいます。今日の朝も3分で完食してしまいました。食べさせるよりも、ぱくぱく食べてくれるので、ありがたいです。

よごれるからなかなか手づかみ食べに踏み込めないままもいると思いますが、自分で食べてくれると見てるだけで良いので、とっても楽ですよ。自分で食べるようになってから、より食べ物に興味を持ってくれるようになりました。

元保育者★nana

今回は手につきにくいおにぎりの作り方を、写真付きでご紹介したいと思います。

 

手づかみ食べには、おにぎり!離乳食に最適

赤ちゃんの大好物!!離乳食の手づかみ食べに最適のおにぎり🍙

パン食も良いですが、塩分とかも気になります。

やっぱり日本人はご飯が一番!!

積極的に与えたい主食です。

おにぎりには軟飯のご飯を使用しています。やわらかければ形あるものもふつうに食べられるようになりました。

つぶさない柔らかいご飯です。おかゆではのりがベチャベチャになり、持ちにくいと思います。

おにぎりを与える前にかたさも練習できると良いですね。

スポンサーリンク

おにぎりの大きさは?

おにぎりの大きさは小さめにしています。毎日練習していれば上手につかんでお口に入れることができます。

手先を使って上手に口の中に運びますが、丁度いい量の食べ物を口に入れるのがまだ難しいようです。

手づかみ食べの野菜も切った大きさをそのまま口に入れてしまいます。

パンは噛むんですが、野菜おにぎりはそのまま入れておえっとなるので、それからは慣れるまで1口で入っても安心なサイズにしています。

画像のような感じです↓↓

今日の朝ごはんを食べている姿です🎶

 

おにぎりが手につかない作り方、手順

手づかみ食べのおにぎりが、手につかない作り方をご説明します。

以前おにぎらずが、はやりましたよね。

わたしも昔よく食べていたペッチャンコおにぎり!!

それをハサミで切って、一口サイズにしています。

手順をご紹介します。

  • 手順1
    準備物
    おにぎりの中に混ぜる具材、軟飯、のりを用意します。今回はしらす・さけ・小松菜おにぎりにします🎶

  • 手順2
    チンします
    温めたら、ご飯と混ぜます。
  • 手順3
    のりにご飯をひろげる
    スプーンでご飯を伸ばします。

    全部に広がるやり方と、半分までご飯を広げて、のりでぱたんと閉じることもあります。量が多いと、食べるときにご飯が間から出てきて、手は汚れやすくなります。

    わたしは多少汚れても良いので、ご飯は多めです。

  • 手順4
    半分におります
    ご飯をつぶします。ペッチャンコおにぎりです。
  • 手順5
    ハサミで切ります
    縦に切って、一口サイズに合わせて横に切ってください。

 

完成

美味しいおにぎりが出来上がりました!!

あっという間に完成です。

毎日作るとものすごく早く作れるようになりました笑

 

手づかみ食べで、おにぎりがぐちゃぐちゃに!予防しよう

❶ベビーチェア(椅子)の下にはシートを敷いています。床にはりつくと、ベチャベチャになって掃除が大変なので…。

❷テーブルにつけるタイプのいすはトレーがつけられて、便利です。食べ物をキャッチしてくれます。

今日はトレーの上にお皿にのせていますが、普段はトレーを洗ってそのままのせることが多いです。お皿は使いません。

❸お食事エプロンは必ずつけると、安心ですね。しっかり食べ物をキャッチしてくれます。

スポンサーリンク

お食事エプロンのレビュー

お食事エプロンは色々使ってみて、シリコンタイプが一番楽でした。このサイズは洗いやすくて良いです。

 

お食事エプロンで、100均や300均にも売っているビニールタイプの物は、洗ってもふちの布の部分がなかなか乾かないし、無駄に大きくて洗うのが大変でした。

今は眠っています。持ち運びにはうすくて便利かもしれません。

 

おにぎりの冷凍は?

手につかないようにするためのおにぎりでのりを使っているので、冷凍してしまうと、のりがしなしなになりすぎてしまう気がして、おにぎらずでは毎回作っています。

簡単なので、すぐにできます。

のりを使わなければ、冷凍してもいいかもしれません。

 

のりを使わない!一気におにぎりを作る方法

一枚のラップにご飯を棒状にして、ウィンナーを作るように、途中でくるくるねじるとたくさんのおにぎりが一気に作れますよ。

100均にもケースにご飯を入れてふると、おにぎりのボールが3個一気に作れるものがありました。

もう少し大きいおにぎりが上手に食べられるようになったら、使えると思います。買って、しまってあります。

追記

今はやわらかいご飯にこれでおにぎりを作っています。全く手は汚れません。おすすめです。

 

まとめ

今回は、手づかみ食べにおすすめなおにぎらずについてでした。

おにぎらずは、小さくて手が汚れずに食べることができるので、おすすめです。

ハサミでちょきんです!!

とっても簡単なので、ぜひ作ってみてください。

追記

毎回のりのおにぎりだとうんちをふく時大変かもしれません。消化しなかったのりがおしりにつくので笑

上記で説明した100均のおにぎりもきれいにたべてくれるので、ぜひ試してみてください。

おすすめ商品

手づかみ食べには直接乗せられるトレー付きがおすすめです。

スタイはご飯をキャッチしてくれる、シリコンタイプがおすすめです。

これで床に落ちる食べ物がかなり減ります!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です