出産準備品リスト秋から冬生まれの赤ちゃんを経験した母がブログで解説

 

元保育者★nana

うちの息子は秋生まれなんです。

出産準備品は、季節によって必要な物が全然違います。

息子は11月中旬にうまれたので、秋から冬にかけてわたしが赤ちゃんに準備したものを、細かく解説していきたいと思います。

 

 

最低限必要な出産準備品リスト

わたしが思う、最低限必要だと思う出産準備品リストを理由も含めて細かく解説していきます!!少しでも参考にしていただければ幸いです。

 

排泄に必要

オムツ新生児用2パック

わたしも2パック買っておきました。薬局で安売りする場合もあるので、おばあちゃんとかに頼めるのであれば、そんなにまとめ買いしなくてもいいのかも?うちの子は最終的に4パック半使いました。

1ヶ月検診で、Sサイズをつけてもらいましたので、その頃にはSサイズで良さそうでした。

でも、まだ新生児用が残っていたので、1ヶ月半までねばって、5パックありましたが、4パック半で断念しました。

オムツのサイズについての詳しい記事はこちら

オムツのサイズの変化 新生児→S→Mまでのながれ。どのメーカーが大きめなの?今までにオムツに使った金額は?

MEMO
下のは入院中に用意してもらったオムツです。わたしは別のメーカーを選び、オムツかぶれをさせてしまい、なかなか治らずかなり悩みましたので、新生児のデリケートなうちは、肌一番が安心だと思いました。

 

おしりふき

おしりふきは試供品でももらいますが、すぐに無くなります。

成長と共に、うんちの回数もだんだん少なくはなりますが、うちの子ははじめは毎回していました。

うんちの回数も多いので、オムツかぶれをしてしまいました。

先ほども言ったオムツかぶれについての詳しい記事はこちら

新生児のオムツかぶれ、オムツかぶれの要因、対処法

オムツかぶれをしたため、おしりふきはお休み。

途中からしばらくコットンに水をつけたものでお尻を拭いていました。

 

肌着や服

 

新生児用肌着10枚セット

※洗い替えに必須です。

退院したてはサイズがぴったりあうので、短肌着とコンビ肌着を重ね着していました。

服は大きめの70を選んでいたので、しばらくタンスに眠らせていました。

秋生まれなので、ダブル肌着で過ごしていました。だから、枚数は必要でした。

新生児肌着ですが、うちの息子は生後9ヶ月になった今も愛用中です。夏の暑い夜に、ノースリーブ肌着の上に、コンビ肌着をパジャマに使っています。

大活躍です!!

2人目も使えるように、こちらの黄色を購入しました。私は店で買いましたが、ネットの方がポイントも付いてお得でした。

 

 

服のサイズは70 最低4枚

あっという間に大きくはなりますが、70のサイズは長く着られらと思います。(本当に大きく成長した子は早い段階で80いく場合もあります)うちの子はちなみに、生後9ヶ月でも70をまだ着れます。

生後1ヶ月頃は、服を着るときに袖を折っていました。出産祝いでいただけるパターンもあるので、そこも踏まえて購入を考えてみてください。私は2枚母に買ってもらい、親戚から3枚いただきました。

その後さらに母が、大量にプレゼントしてくれましたが笑笑

11月はすぐに寒くなりましたので、厚手のものにしました。

でも、暖房もつけるし、寝返りもせず大人しく寝ているので、布団をかければあたたかいです。あんまりぼこぼこに着せるのも、身動きがしづらいので、厚手すぎるのはオススメはしません。

赤ちゃんの一番かわいい時にとびっきりのオシャレと優しさを。【Bijoux&Bee】

冬服もリメイクして、夏にも使っています。詳しくはこちら

赤ちゃんの服は季節が変わっても簡単リメイクして、節約しよう。

 

可愛い赤ちゃんに、いろいろな服があるのでHaruulalaのぞいてみてください。

 

上着

全身を包んでくれる上着はオススメです。1ヶ月検診、予防接種、実家に用がある場合、内祝いをわたしに行く等、意外に出かける機会がありました。全身包んでくれるあたたかい上着は必須です。

母がいつのまにか用意してくれていたので、助かりました。

秋生まれに上着は必須です。

 

ミルク系

ミルク

出産する病院に聞くといいです。

ミルクのサンプル結構集めましたが、あんまりコロコロかえるのは良くないそうです。退院してからも同じものを飲ませられると安心です。

わたしの病院は森永のE-赤ちゃんでした。

缶は賞味期限が短いし、母乳がよく出るママは使わなかったという話も聞きます。

でも、だいたいはじめの1ヶ月は混合のお母さんが多いような気がします。

もし生まれてから誰かに用意してもらえるのであれば、その方が安心です。母乳の様子を見て決めてもいいと思います。

わたしは賞味期限の長く、1年ももつブロックタイプを用意しました。

防災用にも残しておけるし、お出かけ先でもブロックタイプはおすすめです。

 

母乳の記事も書いてます↓

母乳 いつから出る? たくさん出すためのポイントを6つ紹介します

添い乳の寝かしつけはダメ。でも一切やめてしまうのはもったいない。頼り過ぎないためにした事

赤ちゃんのためにも、【現役産婦人科医が考えた授乳期サプリ】
授乳期サプリは飲み続けていました。

 

ウォーターサーバー、浄水器など

大切な赤ちゃんにはきれいな水を!!3時間おきのミルクに便利!!特にミルクを溶かす熱いのと、冷ますために必要な、冷たいのが出るウォーターサーバーがおすすめです。夜中のミルクは本当に眠いです。すぐに用意できるように早めに検討しておきましょう。

クリクラなら有名で安心ですよね。



友だちもクリクラが多かったです。赤ちゃんには、安心な水をおすすめします。

お客様満足度7年連続No.1!【クリクラ】

ミルクセット

哺乳瓶

哺乳瓶を洗うブラシ

消毒 ミルトンなど

これがあると安心です。

哺乳瓶は、プラスチックとガラスがあります。うちはガラスにしました。熱湯消毒もできるし、何より衛生的です。プラスチックは洗った時、ブラシで傷が付くのでそこに汚れが残る可能性もあるので注意です。

わたしは母乳でいける気がして、哺乳瓶だけの用意だったので、消毒できるものと、ブラシと、哺乳瓶用の洗剤はあると安心です。ミルトンは病院で使っていたので、そのまま同じように用意しました。

360度カバーで安心!アメリカ生まれの授乳ケープ


お出かけには必須です。いつもカバンの中に入れています。
1枚は必ず用意するようにしてください。

360度隠してくれる、こんなのがあれば便利です!!



沐浴

ベビーバス

うちは風船のように膨らませるタイプにしました。使わなくなったら空気をぬけばいいので、膨らませるタイプは良いです。わたしの使ったこちらの商品は座れるように背もたれになっており、股の部分にストッパーがあるので、ずり落ちません。

新生児の頃は体も小さいので、ずーっと抱っこしているので一緒ですが。抱っこ中はこのストッパーをお尻起きにしていました。重宝しました。

 

沐浴料

いきなり泡で洗う自信がなかったので、流さなくてもいい、沐浴料にしました。助産師さんが沐浴料は、赤ちゃんにコーティングがかかる形になるので、1週間に1回泡で洗ってあげると良いと聞きました。

頭は特に皮脂がたまるので、泡のがいいと思いました。

両方あると安心です。

 

タオル

タオルを定期的に変えている方はいいですが、肌に優しいふわふわタオルがいいです。新品を2.3枚用意しました。

 

ケア商品

爪切り

赤ちゃんの爪の伸びる速さは一瞬です。ハサミタイプがオススメです。

大人タイプは失敗することもあるので、ベビー用にした方が良いです。

綿棒

またの汚れにクリームつけてとったり、耳掃除、鼻水何でも使います。

細かいところはベビータイプを、あとは普通の物も大活躍でした。

鼻吸いき

うちの子はよく泣いたので、鼻吸いきは必須でした。

1階用と2階用もほしかったくらいです。ジュルジュルの鼻水が出て、息ができなくなるので、すぐにとれて大活躍でした。

口コミも良いのでオススメです。

友だちは電動が楽と言っていました。お母さんにあうものを選んであげてください。

 

 

保湿クリーム

生後6ヶ月までの保湿ケアはとても大事だそうです。

特に、秋生まれの赤ちゃんはどんどん寒くなり、乾燥するので必ず用意するようにしてください。



国産オーガニック ベビースキンケア

大型系

チャイルドシート

これは絶対です。退院するときに使います。必ず用意しておいてください。

生まれる前に決めた名前、同姓同名の子が後部座席で抱っこされ、事故にあいなくなるニュースを見て、ぞっとしました。

何が起こるかわかりません。チャイルドシートは必ず使うようにしてください。

友だちに進められたのに、回転式をやめたら、息子は毎回寝てしまうとこんな感じです。首が痛そう(笑)

赤ちゃんの顔が見える回転式は、オススメです。

 

 

抱っこ紐

新生児用からのを用意して1ヶ月検診や予防接種に使う方が多いです。わたしは一人では行っていないので、抱っこ紐は急ぎでは使いませんでしたが、付き添いがいるかいないかで、変わってくると思います。

新生児はふにゃふにゃなので、使うのが怖くて、避けました。

しかし、うちの子は生後2ヶ月から使い始めました。なので、出産前に購入して良かったです。

首座る前から使えたので、新生児用からのはオススメです。

わたしが購入したのはこちらです。

すぐに暑くなるのでクールエアメッシュもおすすめです。

関連記事

【エルゴアダプト前向き抱っこできた】景色や記念撮影に!写真で解説 【エルゴの抱っこ紐おすすめの色】選ぶのに失敗したママの体験記!! サブ抱っこ紐はおすすめ!軽くてさっと使えるキウミkiumiのレビュー

スポンサーリンク

まとめ

 

今回は絶対いるものについて、説明させてもらいました。

第一子の出産前はドキドキでした。早く準備しないと不安でした。予定日から遅れるであろうと思っていたわたし。

38週から陣痛が始まりましたので、34週には入院セットや、出産準備品が揃っていると安心です。

こちらの記事もどうぞ

【実体験】3日間陣痛の痛みに戦った出産物語。

色々な商品がありますが全ては使いません。最低限に用意して、いるものを足した方が無駄がないです。

参考にしていただけると嬉しいです。

購入も良いですが、迎える準備で作れるものは手作りがオススメです。

秋から冬生まれなので、布団をはいでも安心なスリーパーを作りました。

簡単につくれるので、試してみてください。

関連記事妊婦生活赤ちゃんの手作り,絶対作るべき【オススメ3選】

 

ご覧いただきありがとうございました。