妊婦生活赤ちゃんへの手作り,絶対作るべき【オススメ3選】

 

 

 

 

今日は、妊婦生活でオススメする賢い時間の作り方。

赤ちゃんの手作り品についてご紹介したいと思います。

赤ちゃんの手作り品のオススメは本当に色々あります。たくさん作ったものの中から、ランキングにしてお伝えしますね!!

妊婦さんは絶対作るべき!!

 

 

 

元保育者★nana

それではランキングの発表

 

 

第1位 授乳まくら

授乳まくらって2000円、3000円と結構するんですよ。

その点手作りは絶対そんなにもかからないし、わたの量で自分好みの高さにできます。

いえにある布を使い、わただけ買ってきたものなので600円くらいで作れました。

入院中用意してあった授乳まくらは低くて、猫背姿勢になっていました。

高いと赤ちゃんもうえにあがってきてくれるので、姿勢がとっても楽でした。

 

作り方

作り方もとっても簡単。クッションを作るイメージで。

オススメは薄めの白い布にわたを入れてクッションを作ります。

その上のカバーは別で作ることをおすすめします。

もし汚れても何度も洗い替えに使えるからです。

自分の体に合わせて、画像のような形の布を白2枚カバー2枚の4枚切ります。

白い布を2枚重ねて縫い、ひっくり返してそこにわたをいれてふたをしたら、クッションの完成です。

カバーは、わたしは家にある布とボタンで作りました。

ファスナーがあれば見栄えはいいです。

ボタンだと中が少し見えてしまうので。

簡単がいいって方はふうをするところにボタンつけるだけなので簡単でした。

画像を参考にしてください。

※家にあった大きめの布を使ったので、表裏が別です笑笑

もし赤ちゃんがミルクを吐いてもカバーだけ洗えばいいので安心ですよね。

自分の好みに作ってみてください。わざわざわた増量を買わなくても自分の体形にあわせて作れます。

初心者も作りやすいので、とってもオススメです。

 

 

スポンサーリンク

第2位 抱っこ紐収納袋

抱っこ紐の収納袋です。わたしはエルゴを持っています。

エルゴはとーっても人気だけど、しっかりしている分あつみがあり、収納するのが大変ですよね?(>_<)

そんな時この収納袋があれば、ウェストポーチになるし、使わなければ腰につけておけばいい🎶

 

好きな柄の布を使い、可愛いくるみボタンをつければ、可愛い収納袋になります。

エルゴのために別のバックに入れている人がいますが、かさばります。

すぐ折りたためて、収納しておけるので、自分で作ることをオススメします。

 

作り方

60✖50の長方形の布を用意。50のほうを三つ折りにして縫う。60のほうはゴムを入れるので、ゴムが入る幅を考えて三つ折りで縫う。

50のほうには4つボタンをつけておく。画像は3つですが、4つのがしっかり止まります。60のほうにゴムを通し片方は布と一緒に縫っておく。エルゴを腰ベルトをつけたまま腕にかける部分を真ん中におり、くるくるまきます。包めたらボタンで止めてみます。包んでみてゴムの長さを合わせたら印をつけて、両方同じ長さのゴムで両端布と一緒に縫うと完成です。20センチのゴムの長さが私はベストでした。忙しいママにもすぐに作れるので、オススメです。

初心者むきです。

 

 

 

第3位 スリーパー

赤ちゃんって本当に布団をかけてもかけても、足で蹴ってはいでしまうんです。

そこでオススメなのがスリーパー。

 

肩をボタンでとめる、ワンピースのようなものです。

これなら自分ではぐことができません。

 

作り方

表2枚と裏2枚で用意。それぞれ裏同士で縫い合わせ、ひっくり返して閉じます。表と裏の生地をボタンでつなぐだけ。ノースリーブワンピース風になるように、腕をとおすところだけ開けて左右3か所ずつボタンで止めれるようにしたら完成です。

これができると自分って服も作れちゃったの?とまた一つ自信につながりました。

実際次に赤ちゃんのつなぎを作りました。笑

それは結構大変でしたが、スリーパーは本当簡単なので、初心者の方も安心して作れます。

今回紹介したのはこの3つ。どれもとっても簡単です。

そして、かなり重宝しました。

 

まとめ

作った方が高くつくこともありますが、買った方が愛着もあり、何よりそれを自分の我が子が使ってくれると本当に嬉しい。エルゴのウェストポーチだって、あんなに簡単なのに、わたしが作ったというと、まわりの友だちはすごいと言ってくれます。笑

作り甲斐がありますね。ほめてもらえるのは何歳になっても嬉しいものです。一つずつクリアしていけば自信になり作れるものも広がります。

妊婦中に作った物は多々ありますが、どれもとっても役に立っています。

 

 

 

妊婦さんで時間をうまく使えないかなと思っているあなた。

大切な赤ちゃんのために、世界に一つだけの愛情いっぱいの物をプレゼントしてみてはどうですか?

ミシンが苦手な方は手縫いでもいいと思います。テレビ見ながら作りたいというときはあえて手縫いにしていました。縫い方を工夫すればミシンのように縫うこともできます。

時間を有効的につかって大切な赤ちゃんを迎え入れる準備をしましょう。

 

他にもわたしが妊婦生活ではじめて作ったものはサニーマット

サニーマットの記事はこちら↓↓

妊婦生活何してた?手作りサニーマットを赤ちゃんへプレゼントしよう。4つのオススメ理由 【サニーマットの洗い方・洗濯機の手順】失敗談も含めてブログで解説

 

 

少しでも参考になれば嬉しいです。