【妊婦の写真】経過を撮影!!マタニティフォトを自宅でセルフ撮影。

 

 

一生に何度も訪れることのない、妊婦生活。

記録に残しておきたい!!

お金をかけるのも良いけど、セルフで撮影すれば、何度だって撮り直しが可能です。

このブログが少しでも参考になれば嬉しいです。

妊婦の経過写真

おなかの経過写真を記録したものです。解説も含めて、写真を載せたいと思います。

妊娠2ヶ月。

妊娠2ヶ月入ったばかりです。妊娠しているのもはっきりしていません。

妊活を頑張り、いつもとあきらかに違う様子だったので、妊娠してるかも??ということで妊婦には良い葉酸をたくさん接種するためにいちご狩りに行った時の写真です。

妊活の記事はこちら

妊活の体験談。子供を授かりたい私が実行!!基礎体温ははかるべき。

当たり前ですが全然おなかはふくらんでいません。

妊娠4ヶ月

妊娠4ヶ月にもなると、少しずつですがぽっこりしてきました。服を着てしまえば全然わかりませんが。。。

全然記録していなくて、これが唯一撮影して残っていたものです。

妊娠5ヶ月

安定期にも入り、性別も分かり、楽しみにしていた妊婦旅行に行った時の写真です。

おなかが分かりやすい服をあえて着ていました。妊婦って周りに気付いてほしかった。(笑)

横から見るとこんな感じです。

 

ぽっこりしているのが分かるようになってきました。

妊娠6ヶ月

おなかもどーんと前に出てきました。男の子は前に出るっていうけど、私は当たっている感じがします。女の子は横に広がると言いますよね。私は男の子だったので全く横には広がりませんでした。たまたまかな??

 

妊娠7ヶ月

妊娠7ヶ月の時の写真だけ、悲しいことにありません。

なぜかというとこちらの記事を見てもらえたら、わかると思いますが、切迫早産になってしまい、それどころではなくなってしまいました。

入院しなかった!!子宮頸管の長さの経過を検診の日記と共に公開します

この記事にも書いてある通り、経過が良くなったので、妊娠8ヶ月からはフォトとして残っています。

妊娠8ヶ月

この黒の週数を書くボードも何度書き直したか。下の記事でも書いてある通り、貼り止めの薬が強すぎて手が震えてなかなか書くのに苦労しました。

【子宮頸管短い】張り止めを飲む。どんな症状がでた?どの間隔で飲んでいた?

無事に妊娠8ヶ月を迎え、記録だけでもと撮影したのがこちらの写真です。

息子すくすくと成長中です。

横から撮影するとよく分かる。

下の写真は30w到達したときの記念フォトです。切迫とたたかいながら30wを迎えることができ、とってもうれしかったので記録しました。

妊娠9ヶ月

どんどんおなかも大きくなってきました。

妊娠線ができないようにケアを頑張ったので、全くできませんでした。

妊娠線を予防した記事はこちらに書いてあります。

妊娠線予防おなかのケアはいつから?落とし穴や失敗談も踏まえて解説

妊娠6ヶ月と妊娠9ヶ月を比べてみると、やはり全然違います。

 

妊娠10ヶ月

出産まであと少しと、赤ちゃんに会えることをとても楽しみにしていたころです。

出産に備えて購入したものも最終チェックしていた頃です。

出産準備品リスト秋から冬生まれの赤ちゃんを経験した母がブログで解説

撮影したものを残せば専用のアルバムを作って、記録に残せるので毎月必ず撮り続けることをオススメします。

できれば、同じ服装で、同じ部屋と、同じ角度で撮れればよかったのですが、、、。

2人目ではチャレンジしたいなと思います。

 

リングフォト

出産まであと数日、マタニティとリングのコラボフォトを撮ってみました。

 

こんな撮り方も思い出に残せて良いですよね。オススメです。

スポンサーリンク

まとめ

お腹の経過写真を残しているだけですが、振り返ると充実した妊婦生活だったと見ていて懐かしいです。

息子がもう少し大きくなった時に、見せたいなとアルバムに残してあります。

エコー写真とともに残せば、より子どもも喜んでくれるはず。

今は携帯のカメラで手軽に写真を残せる時代なので、きちんと印刷をして、データだけではなく物として残すようにしましょう。

妊婦生活も長いようで人生の中ではあっという間です。

残りの妊婦生活を存分に楽しんでくださいね。

一緒に出産物語もいかがですか??

 

写真は大好きなので息子の成長も記録に残しています。

一緒にいかがですか??

オムツアート【7選】生後1ヶ月〜6ヶ月お昼寝アート、寝相アート

 

最後までご覧いただきありがとうございました。