【赤ちゃん保冷剤誤飲、なめたかも?】実際に起きた対処法

今回の話はわたしの不注意で起きたことですが、身の回りのおきやすい事故についての体験談を書きたいと思います。

以前息子が近くにあった保冷剤をあやまって誤飲したかもしれないことがありました。

歯が生えてきた息子保冷剤を見つけてに持ったので、取り上げようとした瞬間、ひとかじりしただけで、ほんの少しやぶけていました。なめたかもしれないとものすごく心配になりました。

同じような体験をして、心配なお母さんもいるかもしれませんので、その時の詳しい状況を話すことで、参考にしていただけたらと思います。

保冷剤を誤飲したかも?何が起きた?

やんちゃな息子が転び、怪我をしたときのことです。保冷剤で頭を冷やしたいけど、すごく嫌がります。

保冷剤をテレビ台においたまま、木曜日で病院も休みだったので、あわてて支援センターに相談しに行きます。

支援センターの人に相談している間もけろっとして、無邪気に遊んでいる息子に、安心してとりあえず1日様子を見ることになり、家に帰りました。

ほっとして息子をいつものようにリビングに座らせると、保冷剤を見つけ手に取ったので、取り上げようとした瞬間にひとかじり。一回で小さな穴があいていました。中身がぷにゅっとでたわけではありませんが、穴は空いているしなめたかもしれない。

怪我で落ち込んでいた時に、さらにそんなことがあり、自分をせめて落ち込み、即行動にうつしました。

スポンサーリンク

口に入れた保冷剤は?画像あり

保冷剤には「食べないでください。」って書いてあります。

保冷剤の中身は何が入っているんだろうと、本当に怖くなりました。

誤飲したかもしれないのはこちらの商品です。

 

誤飲したら、まず口をすすぐ

お水を飲むと口の中についたものも飲み込んでしまう気がして、口をすすぎました。

ごくんしないように体を前かがみになるように抱っこして、手ですくった少しの水でバシャバシャしました。赤ちゃんはすすげないので、口を水でバシャバシャすすぐことぐらいしかできませんが、飲み込まないようにしました。

赤ちゃんが保冷剤をなめたらまずすることは…!!

かじった保冷パックを見てみると会社の名前と住所と電話番号が書いてありました。

17時をすぎていたので、つながるか心配でしたが、その会社に直接電話をしました。

受付の人がでました。すぐに事情を説明すると、責任者か上司にかわってくれました。

わたし: 赤ちゃんが保冷剤をかじってなめたかもしれないと、中身は何を入っているか教えてほしいことを言いました。

担当者の方は、スノウパックという商品ですか?と商品名を言い、ものすごく丁寧に話してくれたので、声を聞いただけでわたしも落ち着きました。中身はほとんどが水と、食品にも使われる食べても何にも問題のないものと教えていただきました。

保冷剤は食品と一緒に使うものなので、危ないものは使わないのかぁと、納得しました。

いきなり会社にかけたのに、丁寧に対応してもらいものすごくほっとしました。

スポンサーリンク

赤ちゃんが誤飲したかもと思ったら即電話!!

病院に行く前に相談できる電話サービスもありますが、一番安心なのはその保冷剤をつくっている会社に聞くことです。こおゆうことはよくあるのか、素早く対応してもらいました。一般的に保冷剤の中身を調べたところで、やはりその会社によって違うということがわかりました。

保冷剤に使われる一般的な吸水ポリマーを使っていたとしても、会社の人の方が詳しいです。

もし同じようなことがあったら、その保冷剤の作った会社に電話してみてください。子ども救急に電話するより確実だと思います。

赤ちゃんとの暮らしで注意すること

本当に当たり前ですが、安全なもの以外は何も置かない!出しっぱなしにしないことが大切だと学びました。

いつもなら絶対にしまうものも、言い訳になりますが、怪我をしてあわてて支援センターに相談に行ったので、冷やすのに使った保冷剤もそのままでした。

凍っていればなかなか穴が開くまでかじれませんが、相談して帰ってきた頃には完璧とけてふにゃふにゃだったので、ひとかじりでもアウトでした。

ものすごくあせり反省した一日でした。

まとめ

中には同じように保冷剤を誤飲したかも?とどうしたら良いかわからない方に、体験談をのせることで、参考にしていただけたらと思い書きました。

わたしもかなりあせりましたが、はっきり問題ないと話してもらえてものすごく安心しました。

保冷剤は特に頭をぶつけて冷やしたり、おでかけの弁当にいれたりと様々な用途で使えるので、うっかり赤ちゃんの近くに置いてしまうこともあると思います。

誤飲はさけたいので、必ず使ったら片付けるなど、手の届かないところに置くようにしてくださいね。

保冷剤とは別で、アイスノンとかは中身が違って危険な話も聞くので、手の届く場所には置かないことが大事だと思います。

アイスノンとかは包んであるビニールが分厚いので噛みちぎるのは至難の技だとは思いますが…。何があるかわかりません。

今回起きたテンパった時こそ、トドメを刺すかのように、ダブルパンチで起きたこと。

かなりへこみましたが、今回のことで学び、より一層気をつけようと思いました。

なんでも口に入れる赤ちゃんは危険です。うちの息子はとってもやんちゃでいろんなものに興味を持って口の中に入れるモンスターなので、今後も気をつけてみていかないとと思いました。

わたしの体験談が、少しでも参考になればと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です