【女の子産み分けタイミング】体験談をまとめた秘訣9つをブログで紹介



生後11ヶ月の息子を子育て中のママです。

1人目が産まれる前から、周りから産み分けについて話は聞いていたので、男の子がほしくてチャレンジしました。

男の子の産み分けについての詳しい記事はこちら

【男の子産み分け成功!体験談】秘訣9つをブログで解説

2人目をそろそろ考えているので、今回は女の子の産み分け方法について、ご紹介したいと思います。

自分なりに調べた内容をここでまとめています。わたしもチャレンジの過程ですが、もし成功すれば追記できたらと思います。

産み分けは絶対ではありません。可能性が上がるだけで、色々手をほどこしてものぞみどおりには行かないこともあると思います。

産み分けにチャレンジしても、男の子がうまれたお母さんが言っていました。「こんなに手を尽くして男の子の精子が勝ったのであれば、この子は本当に強い子だなって。あっぱれだ」とニコニコ笑いながら話している姿をみてその考えは良いなと思いました。

元気な子どもを授かり、うまれてきてくれたらほんとどちらでも良いですね。

頭におきながら…女の子を育てたいという願望もありますので、やれることはチャレンジしたいと思います。

今回は妊活の話なので、こうゆう話が苦手な方は他の記事をご覧ください。

それでは産み分け方法についてご説明します。

 

女の子の産み分け方法のまとめ方について

女の子の産み分け方法についてまとめてみました。

わたしは何かで調べたというより、実際産み分けにチャレンジした方の体験談を参考にわたしの言葉でまとめてみました。

わたしもこれからチャレンジする側として、自分の中でもまとめておくことで参考にしたいと思います。

 

女の子産み分け方法のリスト

女の子の産み分け方法はこちらです

  • 排卵日を把握し2、3日前にタイミングをとる
  • 旦那さんに2、3日おきに薄めておいてもらう
  • 行為前に旦那さんにあつめのお湯に入ってもらい、自分は行為後にあつめのお湯に入る
  • 行為前にクエン酸洗浄
  • 産み分けゼリーハローベビーガールを旦那さんに直前に入れてもらう
  • 行為はあっさり
  • 体位は伸長位→あさめに挿入する
  • 産み分けカレンダーを参考にする

以上が女の子の産み分けに必要だと思われる成功の秘訣のリストです。

1つずつ詳しく解説していきます。



排卵日を把握

男の子は短く、女の子のうまれる精子は寿命が長いため2、3日前にタイミングをとることで女の子の方が生き延びる。

そのためにも排卵日を把握する方法は!!

  • 基礎体温をはかる
  • 排卵日付近の自分の体の変化を把握する
  • 排卵検査薬を使う
  • 病院で卵胞チェック

 

 

旦那さんに2、3日前に薄めておいてもらう

女の子の産み分けの体験談を聞くと、薄めるのが足りなかったという意見もあったので、旦那さんには薄める作業をお願いしておけるといいと思います。

産み分けは夫婦で事前に話し合ってお互い理解しておけるといいと思います。

行為前にあつめのお湯に入ってもらう

旦那さんには直前に、自分は行為後にあつめのお湯に入ります。

できれば汗をかくまで熱湯に入ると良いそうです。

男の子の精子は熱湯に弱いそうです。

クエン酸洗浄

薬局で300円程で買えます。クエン酸洗浄をすることで、膣状態を酸性に傾けるやり方です。

わたしはここまではできませんが、産み分けゼリーの【ハローベビーゼリー】
をより酸性に近づけるために追加している方がいました。

ライム洗浄もありますが、クエン酸洗浄の方がにおいもなくて良いそうです。参考までに。

 

行為はあっさり

女の人が満足するかしないかで、膣の状態が変わります。満足するとアルカリ性にかたむくので、行為はあっさり酸性のままで女の子がうまれる精子が有利な環境をつくりましょう。

↓↓

前戯はせずに、出る寸前に挿入した方が確実です。

産み分けピンクのゼリー【ハローベビーゼリー】
を使うと、膣の状態を女の子の精子が生き延びる優位な状態にしてくれます。気になら方は口コミの良かった公式サイト【ハローベビーゼリー】はこちら
をのぞいてみてください。



体位は伸長位→あさめに挿入する

●伸長位は女性が足を伸ばして閉じる体位です。

男の子の精子よりも、女の子の精子の方が運動量が良いので、あさめにすることで女の子の精子が受精しやすいそうです。試してみてください。

産み分けカレンダーを参考にする

誕生日とタイミングを取った日でわかりますが、産み分けカレンダーは本当に参考になります。実際、生まれる前に占いましたが、見事わたしの周りは全員当たっていました。

中国式でいつも占っています。

でも今回は2歳差が良いので、産み分けカレンダーははずれることを願って、参考にしません。

息子が1歳になると男の子フィーバーがくるんです笑

断乳は1歳までしないつもりなので、今回は産み分けカレンダーがはずれてくれることを願います。

 

女の子は男の子の産み分けよりも難しい!!

この記事を読んでもらうと分かると思いますが、女の子の産み分けは男の子よりも難しいんです。

まず排卵日を狙えば良い男の子とは違って女の子は2、3日前にタイミングをとります。その後は避妊です。

排卵日を調べる方法はありますが、その前の日を予測するのは、病院にいって卵胞チェックをしてもらわないかぎり、ずれる可能性があり難しいです。

排卵検査薬は排卵日に向けて薄い線から濃い線に変わっていくので、産み分けをチャレンジする前に練習しておくと確実だと思います。

排卵日の把握も難しいのに2、3日前にタイミングをとることで、妊娠する確率も下がります。女の子の産み分けは時間がかかると思って、取り組んだ方が良いです。

効果があり確実にできる方法は、行為をする時は、あっさりあさくする方法です。これなら確実にできます。女性が満足してしまうと、膣の状態がアルカリ性に傾いてしまいます。女の子の精子を元気な状態にするには酸性の状態にすることです。また運動量の良い女の子の精子が生きのこるように、あさくするのも意識すればできることなのでやってみてください。

少しでも確率をあげたい方は、やはり産み分けゼリーを試すのが一番簡単で効果的だと思います。

【ハローベビーゼリー】はこちら

自分でクエン酸洗浄とかするのはなかなか勇気がいりますからね。

産み分けゼリー【ハローベビーゼリー】
を使うことは、おすすめです。

 

まとめ

今回は女の子の産み分け方法をまとめた内容でした。

産み分けには賛否両論があると思います。

人生は一度きり。欲を言うと両方ほしいと思う方も多いのではないのでしょうか。

  • 可愛い服を着せたい
  • 将来一緒に買い物をしたい

できることはやってみましょう。それで結果かなわなかったとしても大切な我が子❤️

悔いはありません。どっちがうまれたとしても可愛いです。

1人目は男の子にあこがれ産み分けにチャレンジしましたが、まさか本当にうまくいくとは…。

息子がかわいくて仕方ないです。旦那さんもメロメロです笑

もし次が男の子だとしても息子が仲良く遊んでくれる姿を想像すると、それはもう幸せです。

あまり期待しすぎないぐらいで、2人目も産み分けにチャレンジしたいと思います。

将来2人目のかわいい我が子に会えるのが楽しみです。

みなさんも元気な赤ちゃんを授かりますように❤️

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です