【1歳おやつの量や時間や種類は?】写真付きで解説

1歳の息子を子育て中のママです。

息子は離乳食もよく食べますが、やはり食べムラがあります。

朝ごはんはあまり食べなかったり、昼ごはんが進まなかったり…。夜ご飯は基本食べますが、大人と同じで息子も食が進まないこともあるんだなと思っています。

1日の摂取カロリーのことを考えると、子どもは一度の食事でしっかり食べられなかったりするので、おやつで補填します。

今回は1歳の息子のおやつ事情についてご紹介したいと思います。

手作りも出すこともありますが、3食作っておやつも用意するのは大変!!

今回はよく食べる市販のおやつについてお話しできたらと思います。

 

1歳のおやつの種類は?

わたしは、市販でも安全なおやつを選ぶようにしています。

何ヶ月からOKと書いてあるものしか、基本的には与えません。

そっちの方が安心だからです。

赤ちゃん用であれば、砂糖の量とか内容にも意識してあると思うからです。

1歳を超えたといっても、まだまだ離乳食をあげている時。

赤ちゃん用でなければ、入っているものも気になります。

ではよく食べている息子のおやつについて写真付きでご紹介します。

 

マンナウェファー

やさしい口どけ♫カルシウムと鉄、ビタミンも配合。

ウェハース❤️息子のお気に入りです。

 

野菜家族

野菜家族国産米100パーセント使用❤️日本でとれた原材料で作っているそうです。

 

しまじろうベビーボーロ

北海道産ばれいしょでん粉

小粒タイプ❤️ベビーボーロ

 

ハイハイン

国産米100パーセントプラス乳酸菌がとれます

アレルギー特定原材料など27品目使用していません!アレルギーがあるお子さんにも安心して与えることができます♫

 

スティッククッキー&ビスケット

息子も大好きなクッキー&ビスケット

口どけしやすい❤️にぎりやすい❤️カルシウムたっぷり、鉄入り

 

他の種類も与えますが、今日我が家にあったものを紹介してみました♫

他にも市販のお菓子はおいしくいただいています

【手づかみ食べにおすすめなパン】初めての練習,おやつ,外出先にも便利 【レンジで蒸しパンは簡単手作りおやつ】生後9ヶ月頃からおすすめ

参考にしていただけたらと思います。

 

スポンサーリンク

1歳のおやつの時間は?

おやつの時間は

  • 朝ごはんと昼ごはんの間
  • 昼ごはんと夜ご飯の間

ご飯を食べる1時間半から2時間前には与えるようにしています。

離乳食が食べられなくなるので。

朝ごはんがうちは遅めです。少し遅らせないと食べないからです。起きたばかりは入らないみたいです。

卒乳すれば変わると思いますが、今は寝起きは授乳で満足のようです。

  • 朝ごはんは9時から10時
  • 昼ごはんは13時から14時
  • 夜ご飯が17時半から18時半

おやつはその間にあげます。

30分ぐらいでご飯は終了にするので、ご飯を食べた量で次のおやつの量を決めています。

1歳のおやつの量は?

おやつの量はご飯の食べた量にもよりますが、うちの子は1歳で8.5キロと軽めで、もう少し体重を増やしても良いと言われているので、結構あげているかもしれません。

  • たまごボーロしまじろう1袋~2袋
  • ビスケット2本せんべい1袋
  • ウェハース1袋ハイハイン1袋

色々なお菓子のストックがおいてあるので、組み合わせています。ご飯を食べた量に合わせて様子みて少しずつ与えています♫

喜ぶおやつについて

喜ぶおやつはやはりたまごボーロ。

わたしは積極的に与えています。

小さいボーロをつまむのが、手先を使い、頭にもしっかり信号がいくと思うからです♫指先が器用になれば良いなと思って与えています!

ボーロのいいところ

❤️手先が器用になる

❤️小さいから集中して食べる

❤️一口で食べられるから食べこぼしがない

❤️大好物

飽きないように間に違うおやつをあげています。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は息子のお気に入りのおやつについてでした。

手作りもいいですが、全て作るのは難しいと思います。

市販のおやつはカルシウム入りや乳酸菌入りとか表示してあります。お菓子からも栄養がとれるようにうまく利用して、赤ちゃんの口に入るものは意識するようにしましょう♫

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です