我が子の誕生記念に通帳をプレゼント!!作り方のポイントも紹介します

 

 

元保育者★nana

生後100日記念に作りました!!

忘れもしない2月22日!!

息子へ送るはじめての通帳について記事にしたいと思います。

 

 

産まれたらぜひ作って欲しい記念通帳

 

息子が生まれた時にお見舞いにきてくれた友だちに、記念通帳の話を聞いて絶対作ろう!!と思いましたので、みなさんとも共有し、ぜひ我が子のために作ってほしいと思います。

元保育者★nana

作る時のポイントもご説明します!!

 

記念通帳って?

 

いつかは我が子に通帳を作る日は訪れると思いますが、日付も入りますので100日記念とか、何か特別な日に作ることをオススメします。

 

どうせ通帳を作るなら、生まれた記念に、誕生日や、身長、体重が入っていれば我が子もきっと喜んでくれると思いますよ🎶

 

 

スポンサーリンク

通帳に記載する内容

 

画像ご覧ください。

 

❶西暦

❷誕生日

❸時間

❹体重

❺身長

 

通帳に記載した内容です。

入金したお金で、誕生日等が分かるようになっています。

記載した内容は、通帳に直接書き込みました🎶

分かりやすくて、記念になるので書き込んでみてください。

この方法を知らなかった私には、通帳に文字を書き込んでいいことも驚きでした。

主婦は分かりやすく、家計の通帳に書き込んでいる人も多いみたいですね。

知らなかった~~~。

 

 

通帳の使い道

 

通帳の使い道としては、わたしはお年玉を入れていきたいと思います。

大学費用に向けての貯金は、出産祝いでいただいたお金と、児童手当を別でわたしの講座で管理しています。

ママ友で、全て我が子の通帳に入れている話も聞きます。しかし大学の学費で実際おろしたい時に本人の名義なのでややこしいのと、もらった時に残高が減っているはうれしくないのでは??と思い、学費は別で管理することをオススメします。

 

 

通帳を作る時のポイント

持ち物には印鑑、お金、本人証明として保険証を親子分は用意していきました。

印鑑!!

産まれる前から作っておいた印鑑を使いました。

元保育者★nana

大きくなったら、そのままわたせるように自分のものとは別の印鑑を用意しておきましょう。

 

 

男の子の印鑑は、名字。

女の子は名前がオススメです。

 

結婚して名字が変わっても使えます🎶

私のママ友は銀行印が名前と聞いて、それはいいアイディアだと思いました。

将来結婚した時に、手続きが面倒ですもんね。

作った印鑑をながーく使ってもらえるのは母親としても嬉しいですよね🎶

うちは息子なので、印鑑は名字で作りました。将来通帳と印鑑を持たせられるように、しっかりと管理していきたいと思います。

お金

入金したい順番に袋に❶、❷そこに金額も書きました。

画像を参照してください。

でもこれ全て足した金額でいいんです。。。

入金する紙には、4行まで入れられるので、1枚目の合計はいくら。

その紙に❶いくら、❷いくらと書けばいいだけでした。

細かく用意しましたが、合計で良かった、、、笑笑

❶~❹を袋から出し、合わせてわたしました。❺はそのままです。

本当は内訳を書き、合計金額を用意していけばいいだけなので、簡単でした。

 

注意
子どもに通帳を作ったままの放置は、銀行に寄付になってしまうので、休眠口座にならないように、お年玉や何かもらった時にその都度入れた方が安心です。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

元保育者★nana

将来の我が子に送る1つのプレゼントとして、記念通帳はいかがですか?

 

わたしは通帳を作った時に、子どもに通帳を作りませんか??というキャンペーンでブランケットもらいました。そうゆうのもあるので、チェックしてみてください。

息子に使っています🎶

お得に通帳を作って、将来の息子にプレゼントするのが楽しみです🎶

 

わたしも先日、郵便局から手紙が届きました。満期を迎えましたので、郵便局に取りに来てくださいという連絡でした。

昔は率も良かったので、母がお得に貯金しておいてくれました。今はわざわざ取りに行かなくても、そのまま預金に戻るみたいです。

妹は使ったようですが(笑)わたしは貯金が趣味だったので(笑)大切にとってありました。大切なお年玉です。

結婚したら、すっかり忘れていました。

家計の大切な貯金にまわりました。

ありがとうお母さん。

わたしも息子のために管理を頑張ります。

 

関連記事

オムツアート【7選】生後1ヶ月〜6ヶ月お昼寝アート、寝相アート 100日祝い・お食い初めメニューと準備から当日までをブログで紹介

 

長くまでご覧いただきありがとうございました。