授乳中ちくびトラブル!保護 助産師に聞いた方法~一度も切れていない

1歳になっても授乳真っ只中!!

男の子のママです。

今回は授乳中のトラブル!ちくびのケアの仕方についてご紹介したいと思います。

体験談を見ると、授乳中にちくびが切れたとか、激痛の中授乳している話を見ると本当に想像するだけで、痛そうですよね。

元保育者★nana

そんな体験談がある中、わたしは一度も切れませんでした!

助産師さんにもおすすめしてもらった物のおかげもあると思うので、ご紹介したいと思います♫

 

 

はじめての授乳について

はじめての授乳はびっくりするくらい痛いですよね。みんながそうだとは思いませんが、わたしは激痛でした。

なのにお乳も上手にでないから、胸がぱんぱんにはってかちこちに!!

この痛さはいつまで続く〜?と途方にくれていました。

その時の記事はこちら💁‍♀️

【授乳 ちくび 痛い いつまで?】助けられたオススメ乳頭保護器も紹介

お乳も上手にでないし、秋から冬にかけての授乳はとにかく寒い!!そしてお肌も乾燥しますよね。そんな時に助産師さんに聞いたのがちくびが切れる話。

正直こわすぎると思いました。

そんな時に助産師さんにおすすめしてもらった物がありますのでご紹介したいと思います。

乳頭・乳房などのお肌のケアに

元保育者★nana

ナチュラルオイルって書いてあります↓↓

 

スポンサーリンク

赤ちゃんが舐めても安心なピアバーユ

出産前ははじめての授乳に向けて、ちくびのオイルパックをし、ケアはしていました。飲み口をきれいにしておかないと角質がたまってるんですね。ちくびパックでだいぶきれいになりやわらかくなりました。試して本当に良かったと思います。

ちくびは耳たぶのやわらかさが目標だそうです。授乳につかってなかった乳頭はまだまだかたいです。

そして冬はどんどん乾燥します!!そのなかはじめての慣れない授乳。1日中赤ちゃんに吸われます。

例えば、唇も舐めると余計にカサカサになりますよね。

それが授乳中のわたしたちはエンドレス。それはケアが必要ですね。

元保育者★nana

そんな時におすすめなのが、ピアバーユ!!

 

小さいですがほんの少しで、ものずこい伸びるので、そんなに高くもなくておすすめです!!

何が良いって赤ちゃんが舐めても安心だそうです。

もちろんぬった直後に舐めさせてはいませんが、ちくびの保護に保湿は大切!!安心してぬることができますね♫

 

授乳中ちくびが切れた?一切なし

わたしは全く大丈夫でした。はじめはとくに乳輪からくるくるぬって保湿を心がけていましたが、夏はとくに何もしていません。

秋から冬、春くらいまでは乾燥が気になる方は塗った方がいいと思います。

保湿は大切!!

離乳食もすすみ授乳の回数も減り、ちくびも慣れてきたのでピアバーユがあまってしまいました。

 

元保育者★nana

そんな時も大丈夫!!

今はこのように使っています!!

 

 

冬は赤ちゃんのほっぺがカサカサに

元保育者★nana

息子のほっぺが赤くてカサカサしてきました。

毎日クリームはぬっていますが、ピアバーユはオイルのような感じで伸びも潤いもお気に入り。

ほっぺたにくるくるぬっています。

あまったからと、捨てる必要はありません。

赤ちゃんが舐めても良い保湿のクリームならほっぺたに塗るのも安心です。

よだれかぶれの時も使えたのかな?その時の記事はこちら

赤ちゃんのよだれかぶれケアの仕方!即完治しました。

万能なロコイドについて書いています。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回は授乳中に必ず悩む、ちくびの保護の仕方についてでした。

何もなければそれで良し!ラッキーですが、何が起こるかわからない。ちくびが切れながらも激痛の中授乳して大変そうな体験談をみました。

一度切れると、授乳しながらなかなかなおせないんですよね。しっかり乾燥させることもできないし。

先手を打って、快適な授乳ライフをおくるようにしましょう。

おすすめ商品

❤️おすすめ記事❤️

授乳中に高熱(インフル)旦那も母親も全員感染!誰にも頼れない中1人で戦った壮絶な1週間

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です