【授乳 ちくび 痛い いつまで?】助けられたオススメ乳頭保護器も紹介

 

はじめての授乳はものすごくちくびが痛くて、いつまで続くのだろうと、授乳することに自信を無くしたことがありました。

元保育者★nana

その頃の気持ちや対処法、いつまで続いたのかについて詳しく記事にしたいと思います。

 

 

はじめに

初産、はじめての授乳です。

子宮頸管が短めだったため、母乳がたくさん出るようにマッサージはせずに出産をし、授乳スタートしました。

子宮頸管短めの詳しい記事はこちら

入院しなかった!!子宮頸管の長さの経過を検診の日記と共に公開します

ちくびは飲み口になるので、準備として正期産に入ってからすぐ、ちくびのオイルパックだけはしていました。

詳しい記事はこちら

出産予定日を過ぎて悩んでる方絶対試してほしいこと5選

はじめての授乳で、どれだけ出るのかとても不安でした。

 

 

スポンサーリンク

はじめての授乳はどうだった?

はじめての授乳は本当に痛くて、泣けてきました。

出産したあとにこんな痛い思いをすることが待っていたなんて、、、。

壮絶な出産エピソードはこちら

【実体験】3日間陣痛の痛みに戦った出産物語。

赤ちゃんもうまく吸えず母乳が大渋滞をおこし、パンパンに張り、ちくびも飲みやすいように引っ張らないといけない。

わたしだけだろうか、この痛さはいつまで続くのだろうか、とっても不安になりました。

 

 

助産師さんに相談

3時間おきにくる激痛。

痛みの終わりはきますか?と何度助産師さんに相談したか分かりません。

うーーーーーーーーーん苦笑い。

助産師さんに「そうだ!!乳頭保護器あるけど、使ってみる??」か聞かれます。

 

乳頭保護器をつけてみると

え?全然違う。痛みがだいぶ軽減されました。

これなら、授乳続けられるかも?

乳頭保護器のおかげで、母乳が良く出るようになりました。ちくびの長さが足りなく、赤ちゃんがうまく吸えなかったのかもしれません。

乳頭保護器にお乳がたまるくらい、母乳があふれるほど出るようになりました。

※商品は下の方の記事で紹介しています

 

スポンサーリンク

それでもちくびが痛くて心が折れそうになる

退院して乳頭保護器をつけ続けました。

痛さは軽減されたけど、3時間おきの授乳間隔に1回1時間かけてします。

1日中プラス一回があまりの長時間の授乳に、心が折れそうになりました。

乳頭保護器をつけなかったらどんな痛さだったのか想像するだけでゾッとします。

 

ある日…そういえばそんなに痛くない??

1日中授乳しているので、普段はブラをして守られてるけど、お風呂上がりのタオルが胸に当たる時は激痛でした。

ものすごくやわらかなタオルで当てて水気を取ることしかできませんでした。

つらいながらも授乳を続けていると、片方の胸はあまり痛くないことに気づく。

3週間授乳をしていると右乳だけあまり痛くないことに気づきます。

嬉しくて、育児ノートにちくび痛の感想を必ず書いて記録していました。

 

 

乳頭保護器を、片方ははがせるようになる

乳頭保護器を右片方だけ、はがせるようになります。

左つけるだけで良くなります。

1枚あればいいので、消毒も楽でした。

右もつけなければ少し違和感もありましたが、我慢できました。乳頭保護器に頼りすぎるのは、良くない。ずーっと消毒するのも大変だ!!と、早めに外して良かったです。すぐに慣れました。

でも左ははずせそうにありません。無理に外して授乳に心が折れてしまわないように、2週間は片方だけつけ続けていました。

 

ある日乳頭保護器をつけずに授乳できるように、、、

左も痛い日が続きましたが、両方乳頭保護器をはずせるようになりました。

1ヶ月検診で洗い替え用に新しいものを買ったばかりだったのに、、。

それを使うことはありませんでした。

 

オススメの乳頭保護器

わたしが欠かさず使っていた乳頭保護器は病院で購入しました。

薬局には売っていませんでした。

ネットで購入できるそうです。

薄くてシリコンでしっかりくっつくので、はずれず痛さもかなり軽減され、ちくびも引っ張られるので、赤ちゃんも飲みやすくて、母乳もよくでます。

他にも試しましたが、これが一番良かったので、オススメです。

まだ試していない方はこちらからどうぞ。ネットのがポイントがつきますね♪

 

 

乳頭保護器に母乳がつくので、消毒は必須です。

使っていた消毒はこちら。

 

 

服がこすれて痛い場合は

服がこすれて、しばらく本当に痛かったです。

今まで外出以外は家ではブラをはずしていましたが、毎日欠かさずつけるようになりました。

服にこすれて痛かったので、ブラをつけないと無理でした。

ナイトブラもかかさずつけて、服の摩擦を軽減していました。

胸の形はどんどん崩れていくので、どうせつけるならバストアップしたいですよね。

バストアップブラ【Viageビューティアップナイトブラ】

胸をしめつけるワイヤーは無理。スポブラしかつけられませんでした。 服で守ったほうが良いです。

 

まとめ

赤ちゃんには母乳で育てたいけど、あまりの痛さで、心が折れていたところ乳頭保護器に助けられました。

1ヶ月半では痛みはほぼなくなりました。

 

MEMO

乳頭保護器に頼りたかったけど、今後は無くても母乳をあげられるようになりたかったので、はずしました。

もうそろそろいけるかな?と思ったら、はずしてつけないことにも慣れることをオススメします。

 

こんなにずーっと激痛だったのに、痛くならない日はくるのか心配でした。

でも!!!!!

 

いつか必ず痛くない日は来ます!!

入院中、助産師さんに何度痛くならない日がくるのか確認したか…。困ってました。(笑)

 

元保育者★nana

赤ちゃんに授乳することは大切なスキンシップです。

本当に美味しそうに飲みます。

卒乳するのがつらいとよく聞きますが、今ならその気持ちがよくわかります。

どうか痛みを乗り越えてください。少しづつ痛みもなくなってきます。

たくさんあげて、慣れるまで頑張りましょう!!

早く楽な日が来ますように、、、。

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

 

大切な赤ちゃんのために授乳サプリ飲めていますか??

お母さんの口にしたものが100パーセント赤ちゃんにいくので、食べ物だけでは補えません。サプリで飲むことをおすすめします。私は離乳食がはじまった今でも飲み続けています。

【現役産婦人科医が考えた授乳期サプリ】

母乳をたくさん出すためにしたことについての記事もオススメです。

母乳 いつから出る? たくさん出すためのポイントを6つ紹介します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です