出産予定日を過ぎて悩んでる方絶対試してほしいこと5選

 

関連記事です

陣痛室で必要なもの4つ。出産前の準備物紹介。 分娩室で絶対必要だと思う物5つ。出産に備えよう。

 

 

もうすぐ出産でドキドキしている方もいると思います。

出産予定日が近づいてくると、無事にうまれてきてくれるかあせりを感じてきますよね。

予定日が過ぎてしまったと焦る前に何か手を打つことはないかな?と考えますよね。

私もそうでした。

妊婦健診で子宮口が全く開かずばっちり閉じていました。初産だし私も予定日過ぎるのかな?と正期産に入ってからはドキドキしていました。

正期産に入りわたしが試したこと3選について、詳しくお話ししたいと思います。

 

出産予定日を超えないために

わたしが色々試すようになったのは、パパママ教室がきっかけです。

そこへ行ったことで、話を聞き、今できることはしておこうと、色々試すことにしました。

その前にともだちから聞いた迷信ですが試したのでお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

予定日過ぎないために迷信だけどとりあえずやってみる

 

迷信ですが、オロナミンCと、焼肉を食べるといいという説。

ともだちも試したっていっていたので、わたしもやってみました。

 

 

オロナミンCは→

母にもらっていたデカビタCが冷蔵庫にあったので、陣痛がくる前日も飲みました。飲む機会も多かったのであたっているかは微妙なところですが。笑

焼肉は→

これは当たった気がします。普段あまり肉を食べないからです。

肉祭りにいって、屋台で様々な肉を食べたら、その夜に陣痛がきました。

なぜその2つを試したのか?

それは友だちもオロナミンCと、焼肉のかわりにブロンコビリーにいったら、陣痛がきたという話を聞きました。

38週になり、肉祭りがあったので、ちょうどいいと思い、少し遠出になるけど妊婦最後であろう思い出作りに行くことにしました。

初産だし、迷信だから産まれないだろうと思ったらその夜に陣痛が来ました。

わたしはこの2つはたまたまかもしれませんが、当たりました。

まさかあたると思っていなかったので驚きました。

本当に妊婦最後の写真は肉祭り🍖で撮った写真が最後になりました。

 

母に聞いて試したこと

今思うとそれもきっかけになったのではないかと思ったこと、それは車です。

車も結構有名ですよね。切迫で動いてはいけない時は車に乗ることが怖かったです。

肉祭りでは少し距離があったので、車に乗ってて、重力と振動でいい感じに下がったのかもしれません。

出発してしばらく走っていると、生理痛のような、これはまずいかな?やめようかな?と思うような痛みがありました。落ち着いたので肉祭りには行くことができました。

予定日近づいたら、出かけられないから、旦那と最後のデートかな??とは思いましたが、まさかそれから数時間後に陣痛がくるとは思いもよりませんでした。

他にもためしたことがありました。ここからは助産婦さんに教えてもらったことです。

パパママ教室で学んだこと

パパママ教室で教えてもらったことも試していたので良かったんだと思います。

もしかしたら、それのおかげだったのが、たまたま迷信とかぶったのかもしれませんが笑

試しすぎてどれが一番良かったのかよくわかりませんが笑

すこしでも参考になればと思い、ご紹介します。

 

 

スクワット

これは有名ですよね。スクワット。椅子に捕まって時間をあけて数回、毎日していました。

無理しないでいいので、毎日続けてみてください。わたしは5回~10回、無理しない程度にあけてするといいよと教えてもらいました。

元保育者★nana

こけないように、何かにつかまって試してみてください。

 

1番効いたのではないかと思われる乳首パック

乳首パック

元保育者★nana

助産婦さんもいってましたが、これは本当に効果があるといっていました。

かなり進められました。

私は4日続けたら効果がありました。

 

乳首や乳輪は角質がついているから、母乳をあげるときのための準備としてオイルパックをしておくといいといっていました。

はじめは硬めだった皮膚も角質がとれて、ぷるんぷるんになり、助産婦さんが言っていたように耳たぶのような柔らかさになりました。

 

 

やり方

化粧水とかをつけるコットン持っていますか??

コットンにオリーブオイルをつけます。それを乳首と乳輪がかぶさるように乗せて、サランラップを上からのせます。

10分くらいパックしましょう。

 

蒸気の上がったお風呂の中でパックすると、いい感じに汚れが浮き上がってきます。

 

湯船に胸はつけずに、お風呂に浸かってパックしていました。

コットンをはずしてみると古い角質がとれて、続ければ続けるほど綺麗になります。

 

POINT

乳首は子宮を収縮する効果があるので、正期産にはいった方はぜひ試してみてください。

乳首マッサージやパックをあまり早くしてしまうと、早くうまれてきてしまうと大変なので、正期産37週からでも十分間に合うと思いますのでケアしてみてください。

 

 

元保育者★nana

もし出産が遅れそうだと心配している方、わたしのオススメした話の中で、ダントツ効果があるし、赤ちゃんにおっぱいをあげるために綺麗な飲み口にすることができるので、ぜひ試してみてくださいね。

 

スポンサーリンク

おわりに

赤ちゃんとあえるのもあとすこしですね。お母さんが不安だと赤ちゃんにも伝わるので、深く考えずゆったりとした気持ちで赤ちゃんと残りの時間を過ごしてあげてください。

赤ちゃんはママに会えることを楽しみにしています。うまれるまであと少し、おなかの中にいる赤ちゃんにたくさん声をかけてあげてくださいね。

 

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

こちらの記事もいかがですか??

【実体験】3日間陣痛の痛みに戦った出産物語。