生後5ヶ月離乳食始める7つのサイン!10倍粥作り方変更で食べた話

 

 

 

離乳食をすすめてみての体験談を記事にして、みなさんの参考になればと思います。

 

こちらもおすすめ

離乳食の便利グッズを紹介 ハンディタイプのブレンダーは必要?

 

 

離乳食のサインって??

離乳食をはじめてもいい合図が出ているのかを見極めるサインのことです。

 

離乳食のサイン

  • 首座りがしっかりとしている
  • 授乳の間隔が安定する。(離乳食をあげるタイミングがわかりやすい。お腹が空きすぎてもダメ。いっぱいでもダメなので把握しているとgood)
  • 大人が食べる様子をじーっと見る。
  • その様子を見て口をパクパクさせる。
  • 見ているとよだれが出る。
  • 支えると座ることができる。
  • スプーンを舌で押し出すことが少なくなる(哺乳反射の減少)

 

 

 

スポンサーリンク

準備期間にしたこと

 

4ヶ月から意識して息子の前で食べる姿を必ず見せていました。

美味しそうに。ちょっと大げさに笑

息子に伝わっているのかはわかりませんでしたが笑

下準備として見せることから始めました。

 

離乳食を始める前は、お風呂上がりにスプーンで白湯を与える子も多かったです。

スプーンに慣れるという意味ではいいですよね。

白湯にすることでまろやかになり、飲みやすいそうです。

 

ミルクと違い無味なので、決して美味しくはないと思いますが笑

 

もうすぐ生後5か月の様子

よし条件クリア!!

 

授乳間隔だけづれることもあるけど、まっいっか。

 

とりあえずやってみよう!!と。

 

離乳食初日の様子

 

ずーっと離乳食をあげることを楽しみに講習会にいって勉強して。インスタでみんなのあげてる離乳食を参考にして。本を読んで。離乳食セットも準備をしてきました。

息子が母乳以外の食事をどんな表情でたべすすめていくのか、

楽しみで仕方ありませんでした。

 

 

5ヶ月になり、

待ってました!と。

動画撮影する準備オッケー(一生に1回です。残してあげてください。)

 

お鍋でコトコトつくった10倍がゆ!!準備オッケー

 

パパに息子をわたし、離乳食を与える姿を撮影しながら声をかけて見ると。

 

うーーーん

 

なんともいえない表情 笑

 

 

というかまずそう。

 

 

でもはじめてみせる表情だったので。

 

うーーん可愛い!!

 

笑った!!

 

 

食べるか?食べるか?

 

食べるのか??

 

 

と思ったら。

どんどん雲行きが怪しくなる。一瞬見せたあの笑顔はなんだったのか?

しばらくすると

 

 

泣く

泣く

泣くぅぅぅぅ

 

 

初日だからとすぐにやめてしまいました。

初日の離乳食思ったよりは食べなかったけど、

離乳食づくりもほんとうに楽しかった。

 

これからたくさん食べてくれるといいな。

明日はもっと食べてくれるだろうと。思ったことを覚えています。

 

なかなか食べず心がおれそうになる

 

1週間続けてみて

かわらずおかゆひとさじから進まない。

それどころか、

ひとさじってこんなに多いのかと

思うくらい、

赤ちゃん用のスプーン🥄でほんの少しの量ですが2.3口入れようとするとのけぞります。

 

 

のけぞる、のけぞる

 

 

たち抱っこしてみても

 

 

のけぞる、のけぞる。

 

ひとさじずつ増やすのなんて

絶対無理だと思いました。

 

2週目に入っても

おかゆ

おかゆ

おかゆぅ

 

こんなに食べないのに野菜にいくべきか、本当に迷いました。

 

スポンサーリンク

周りに相談してみる

 

周りに相談してみると、

食べないことは普通。

母乳やミルクが赤ちゃんは大好き

慣れることからはじめればいいんだよ。

ネットや本にまどわされてはいけないよとおしえてもらいました。

 

 

なるほど

あせらず、ゆっくりと進めていけばいいだと。わたしの母乳って美味しいんだとプラスに考えることにしました。

 

 

また、おかゆがうちのこはきらいだったなぁ

という話も。

 

 

なるほど。そんな場合もあるのか。

 

10倍粥の作り方を先輩ママに見てもらう

 

おいしいお粥を作るにはどうしたらいいんだろう。先輩ママにみてもらうと出来上がった感じが全然ちがいました。

 

さらさらしている。

 

おこめを潰している。

私は10倍粥をはかってものすごく柔らかくはしましたが、わたしはこしたことでドロドロすぎて食べづらかったことに気づきました。

 

やわらかくなったおこめをあつめてスプーンで潰すだけ。そして、多めに重湯(おかゆを作った汁のことです)と混ぜる。はじめは水が多めでいいんです。

 

教えてもらいさっそく与えると、

えっ?食べるよ?のけぞらないよ?

 

食べやすいのか??

やっぱりできたてが美味しいんだなぁと。

ドロドロすぎて飲み込みづらかったんだなぁと。

 

離乳食の時間に目の前でも食べて見せる

 

またその日は

お家ランチをしたので、離乳食を食べるむすこのまえで先輩ママが食べるところを見せてくれたので、なおさら良かったんだと思います。

 

息子「こう食べるのか!!」

 

と思ったに違いないです。

 

今までてんやわんやだったママの表情も、目の前でにこにこ食べて見せてくれる先輩ママがいたから、さらに効果がありました。

おかゆも少しでもたべてくれるようになったし、作り方も見てもらえたし、野菜も挑戦してみよう。

新鮮なものを買いにいき、また新たな気持ちで頑張るぞと思えました。

野菜に入るまでの息子の様子でした。次の記事では離乳食を食べるようになったきっかけについて詳しく記事にしたいと思います。

 

離乳食関連記事

離乳食をかける時間・離乳食の記録 ・離乳食すすめかたについて 生後6ヶ月直前に離乳食が食べられるようになったきっかけ。進め方の失敗談も。

 

 

離乳食に必須

バンボ いつから?使い道メリット多数【おすすめポイント】

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。