離乳食の便利グッズを紹介 ハンディタイプのブレンダーは必要?

 

 

 

離乳食頑張って進めていますか?

 

 

苦戦しているお母さんも多いかと思います。

これから始めようとしているお母さんも参考になるように、生後6ヶ月半まで進めてみて、使って良かった離乳食グッズについてお話ししたいと思います。

 

 

 

離乳食を始めるのに必要なもの

 

☆離乳食の詳しい資料や、本、見やすいサイトを用意してください

◉お食事用エプロン

◉お食事用の椅子

◉離乳食の調理器具(ブレンダーは必要?)

◉離乳食のストックに使うもの

◉離乳食の食器

 

一つずつお話ししていきたいと思います。



 

お食事用のエプロン

 

お食事用のエプロンを買いました。食べ物をキャッチする袋に息子くんは…

→手をつっこんで遊びます^^;

 

ビニール素材だと洗うのも簡単だと思いましたが…ベトベトになるので、思ったより洗いづらいです。

 

今は正方形の大きめのタオルを、ひし形の向きで襟元にひっかけています。

それで十分でした。

 

家には枚数もあり、洗いやすく、ささっと食べ物だけながして洗濯機にポンッ。すぐに乾くのでビニールのエプロンよりわたしは楽でした。

 

お食事用の椅子

 

椅子はこしがすわっていないので、バンボを使用しました。

首が座ると使える椅子です。腰がすわっていない状態で使うのはよくない話もありますが、ずーっと座らせるわけではありません。長時間使わなければ安心して使えると思います。本人もえらかったら嫌がるのですぐに分かります。

 

ソファの上に置けば与えやすい高さにもなります。

※目は離さないでくださいね

 

ドロドロの食べ物がおちても、さっとふける素材なので助かります

 

バンボは一瞬だしなぁと、購入は迷いましたが、今思うと本当に買ってよかった。

あの素材だと、食事だってお風呂だって大活躍です。生後6ヶ月半の息子、毎日かかさず使っています。

バンボの使い道メリット多数【オススメポイント】いつから使えるの? 生後5ヶ月~7ヶ月半の赤ちゃんを一人でお風呂に入れる方法をご紹介!!

調理器具

 

離乳食にはハンディタイプのブレンダーを使う方も多いと思いますが、少しの量や、簡単にすりつぶせるものは、100均のお皿にもなるすり鉢を使っています。

玉ねぎ、キャベツ、ほうれん草など繊維がありすり鉢でつぶしづらいものは、ブレンダーで細かくしていました。

ハンディブレンダーを買おうか迷いましたが、家にある調理器具を使うことにしました。フードプロセッサーがあるからハンディータイプを買おうか迷っている方。あれば楽かもしれないけど、家に近いものがあるのならば、わざわざ買わなくてもいいのではないのかと思いました。

 

家にあったものですが、食材ごとに容器に入れて作ることができるので便利でした。

おすすめです。

離乳食のストックに使うもの

 

エジソンの製氷器にいれて凍らし、100均の3個入りのミニタッパーで種類ごとに保管していました。

詳しい記事はこちら

我が家の離乳食 フリージングのやり方。100均アイテムを使う方法を紹介

製氷器に入れづらいもの(かぼちゃなど)は、ジップロックに平らになるようにのばし、パキッとわりやすいように線をつけて凍らす方法もあります。

それもありですが、ジップロックを毎回捨てるのはもったいないし、洗うのも乾かすのもやりにくいので、ミニタッパーで十分だと思いました。

わたしはこのように入れています

↓↓

簡単に洗って何度も使えるのでおすすめです。

 

離乳食用の食器

 

出産祝いにプーさんの食器をいただきました。でもお皿が大きいので、あまり食べられない頃は、こどもちゃれんじの資料請求でもらえるル・クルーゼの食器がお気に入り。

あと、セリアで買った離乳食食器も人参とかすりつぶせるしお皿にもなるので、お気に入りです。

 

この二つです。

 

スポンサーリンク

最後に

食べる量が増えてくると、友達に出産祝いでもらったお皿も出番が増えてきました。

 

100均など安いものでも、使いやすいものはたくさんありますね。

ダイソーのベビー用品コーナーなんて、色々あって本当に感動しました。

 

もしお近くに、大きなダイソーがありましたら、ベビーコーナーの中に離乳食に使えるものが結構売っているので、覗いてみてください。

 

生後6か月半までの息子に使っている離乳食の便利グッズでした。

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました。