赤ちゃんとの旅行はいつから?5ヶ月半は車がオススメ、宿の選び方。

 

息子が生まれて、だいぶ落ち着いてきたので、あたたかくなってきたし、そろそろ旅行に行きたいと3月に計画をたてはじめました。

 

予約したのはゴールデンウィーク。

子宮頸管が短めで切迫早産になり、行けなかった富山旅行にリベンジすることにしました。

 

 

赤ちゃんとの初めての旅行。ワクワクするけど、新米ママは色々不安もありますよね。

 

 

わたしは色々不安なことを一つずつ、リストにあげてみました。

わたしの不安だったことを例にあげてご説明したいと思います。

 

少しでも参考になれば嬉しいです。

赤ちゃんとの旅行

 

はじめての旅行。赤ちゃんとの旅行は荷物も増えます。わたしは車で行けるところにしました。

時間はどのくらいの距離がベスト?

近すぎても旅行感はあまりないですよね。

遠すぎても長時間の車が心配です。

 

 

スポンサーリンク

長時間、車に乗ったことのない息子

 

◉疲れたらどうしよう

◉ぐずったらどうしよう

◉チャイルドシートに乗っていられるかな?

 

 

車での移動ではここが不安でした。

生後5ヶ月半すぎての初の旅行を終えて感じたことをお話しします。

◉疲れたらどうしよう

出発して15分もすると息子は寝て行きました。高速だったので、信号で何度も止まることなく、行けたのでぐっすりできました。

1時間半移動したところで、休憩をはさみがてら色々寄ることにしました。

息子もちょうど目を覚ましたので。

しっかりねたことでご機嫌でした。

 

◉ぐずったらどうしよう

車でしっかりねたことで、ぐずることもなく、1時間半のところからちょこちょこ止まって、色々まわれたので疲れたのか、旅館に向かう頃には2回目のぐっすり寝ていきました。

 

◉チャイルドシートに乗っていられるかな?

長時間ではなく休憩をはさんだのもあり、全く嫌がりませんでした。

起きている時も暇をしないようにおもちゃも用意していきました。

お気に入りのおもちゃもわかってきて、車の中でも楽しそうに遊ぶ姿が見られました。

1番心配だった無事に移動を終え、旅館につくことができました。

 

旅館のプランの選び方

 

 

◉旅館といえば温泉♨一緒に入りたい

◉部屋では慣れない場所に嫌がらないか。

◉和室で布団を選択する

◉食事では泣いてゆっくり食べられないのではないか

◉ぐずったら母乳をあげたい

◉離乳食はじめたばかり

スポンサーリンク

旅館では赤ちゃん歓迎のところにしました!!不安解消

 

◉旅館といえば温泉♨一緒に入りたい

オムツがはずれていないので、迷惑にならないように、赤ちゃん連れでもオッケーの家族風呂。

客室付き露天風呂にしました。

赤ちゃん連れということで、温度はぬるめです。

大人だけのときもあとから温度をあげられます。

赤ちゃんは、暑いお風呂に長く入っていられませんよね。暑くてぐずることも。

ぬるめに用意してくれるところもあるので、赤ちゃんに優しい旅館はオススメです。

2日目の早朝。息子が爆睡している時間に、旦那さんと交代で温泉もしっかりと楽しみました。

熱湯は最高です。久しぶりで、、、

かーーっと言いたくなりました笑

とにかく気持ちよかったです。

 

◉部屋では慣れない場所に嫌がらないか。

実家ではぐずるので、心配でした。はじめは不思議そうにキョロキョロしていましたが、満喫した後の旅館はぐずることもなく、まったりすごすことができました。

旅館に着いたらお風呂→ご飯→ねんねだったので、あっという間に時間が経ち、疲れて寝てしまいました。

 

◉和室の布団を選択する

ベットでの添い寝は、落下したら危険です。布団が安心なので。旅館の和室にしました。赤ちゃん連れ歓迎のところだと、落ちないようにベットのさくを用意してくれるところもあるそうです。手を全開に開いて寝る赤ちゃん。ダブルも、ツインのシングルでの添い寝もせまいです。布団なら最悪自分がはみでても畳なのでオススメです。どうしてもホテルのベットになる場合はホテルの人に、相談してください。ベットを壁に寄せてくださるところもあるそうです。

 

◉食事では泣いてゆっくり食べられないのではないか

食事のあるレストランへいきました。赤ちゃんづれでも安心のすぐ隣にある完全個室に案内してもらいました。

泣いても安心です。

まだ座れないので、ベビーカーを用意してもらいました。

おもちゃをもってきたので、食事中も夢中で遊んでいました。

 

◉ぐずったら母乳をあげたい

個室だったので、食事を運んでいただいてる方に時間だけもらい合間にあげることができました。

旅館の浴衣だったので、あげやすかったです。

浴衣は母乳をあげるために作られたのではないかと思うくらいスッとあげられました笑

 

◉離乳食はじめたばかり

離乳食はじめたばかりです。あげれなくても旅行の間くらい母乳でいいけれど、せっかくなら息子も楽しみたいとおかゆを用意してもらえました。うどんと選べましたが、うちのこははじめたばかりなので、お粥にしました。

土鍋で炊いたトロトロのおかゆ。食事も一緒に楽しめて、それもいい思い出になりました。

あまりの美味しさに、たくさんきたので、旦那はそのおかゆの残りをペロッと食べてしまいました。笑

激ウマだったそうです。

食事もゆっくり楽しむことができ、息子も全くぐずりませんでした。

隣の個室に赤ちゃん連れの家族が通されていました。

赤ちゃんがあーーーうーーーというのが聞こえます。

 

おもちゃで夢中になって遊んでいた息子ですが、急に隣の赤ちゃんと交信しだしました。笑

 

壁を通して楽しそうに会話している姿にほっこりしました。

お腹いっぱいになり、部屋に戻りました。

スポンサーリンク

食事も無事に終え部屋に戻る

 

布団も2組敷いてあったので、家族3人川の字で寝ました。

息子は寝相が悪かったので、

いつのまにか息子専用の布団になっていました笑

朝起きて大の字になっている息子を見て、わたしはいったいどうやって寝ていたんだろうと、笑えてきました。

 

朝起きた瞬間の旅館の感じが大好きです。

 

畳の匂い。自然な光がさしこんで、外では鳥の鳴く声が聞こえる。

 

 

息子とのはじめての家族旅行を思う存分楽しんでいると、とっても幸せな気持ちになりました。

 

朝早くめざめたので、わたしはお風呂に直行しました。

熱湯はくあーーーーーーっと叫びたくなるほど、体の芯まで温まり、身も心も癒してくれました。

早朝風呂最高ですね。

 

 

まとめ

1日目を無事に終えた、赤ちゃんとの旅行プランでした。車での移動、旅館メインの話でした。

このようなプランもあるので、ぜひ赤ちゃん連れで旅行が行きたいと考えている方。

参考にしてみてください。

関連記事

【赤ちゃんと遠出】花火大会へ車で!荷物、持ち物の中身を紹介します 【赤ちゃんと旅行】帰省中離乳食はどうする?生後9ヶ月ブログ解説 【赤ちゃんと旅行 ビジネスホテルに】ベッド やお風呂はどうする?

最後までご覧いただきありがとうございました。