ベビーベッドは必要?不必要?出産準備子育てママが両方の目線で語る

 

出産準備に、ベビーベッドを用意しました。

小さい頃、自分の妹がリビングのベビーベッドで、つかまり立ちをしていた印象があり、わたしも寝室ではなく、リビングで組み立てることにしました。

結果、一度も寝かせることなく、物置きになってしまいました。

これは時と場合にもよりますので、不必要な理由、必要な理由を、子育てをしてみて素直に感じたこと共に詳しく解説していきたいと思います。

 

赤ちゃん部屋には必須だと思っていたベビーベッド

今までのわたしのベビーベッドのイメージ

  • 赤ちゃんがうまれたら、ベビーベッドに寝かす!!
  • 赤ちゃんの部屋を作り、そこには可愛いベビーベッドを置く!!
  • ベビーベッドに赤ちゃんが寝転び、策にはメリーがついていてキャッキャ喜ぶ赤ちゃんの姿

 

元保育者★nana

わたしの中で思い浮かぶベビーベッドはこんな感じでした。笑

ママになることが夢で、大切な我が子を守るスペース。

赤ちゃんの部屋をと、リビングの横はリビング和室になっているので、そこを赤ちゃんスペースにし、うまれて来る日を楽しみにしていました。

 

スポンサーリンク

実際にうまれてみると

里帰りをするため、我が家専用の赤ちゃんスペースは、赤ちゃんにはみてもらえません。

というか、里帰り中の子育ては慣れない育児に必死です。

自分も体がえらい中の授乳、オムツの身の回りの世話で大忙し。

実家で過ごしていると、ベビーベッドのない生活に慣れてしまいました。

あっという間に1ヵ月検診を迎え、自分の家に帰ることになりました。

寒い冬の中、暖房をつけ、こたつに入り、テレビをつけながら、授乳に、オムツ。

「赤ちゃんをベビーベッドに寝かさないとぉ」と思う余裕はゼロでした。

暖房のききも悪くなるので、リビング和室はシャットアウト。ベビーベッドは眠らせていました。

そおすると、ないことが当たり前になってきます。

常に赤ちゃんの様子を見ながら、お世話をするので、こたつの横には赤ちゃんスペースを作っていました。

自分がお世話をしやすいように、近くに赤ちゃんのお世話セットを並べて…。

ベビーベッドにのせるとおかあさんの顔見えなくなるしなぁ…と。

リビングに作った赤ちゃんスペースに寝かせていました。

コンパクトベッドは持ち運び自由でおすすめです↓↓

 

 

ベビーベッドを使わなかった理由は4つ

  1. 初産なので、上の子が踏む心配もいらない
  2. 里帰り中はベビーベッドを使わない生活に慣れてしまう
  3. ベビーベッドをリビングに置くスペースがない
  4. 自分の一番いるリビングのテレビの前に、赤ちゃんスペースを作ってしまった

 

不必要、デメリットな理由を解説

里帰り1ヵ月もすると、ベビーベッドのない生活に慣れてしまいます。

寝室では添い寝で寝てたし、寝返りもしないのでリビングの簡易的なベビーコーナーでも十分でした。

リビングには置くスペースがなかったので、真横の和室にベビーベッドを眠らせてしまいました。

リビング和室の扉を全開にしようかとも思いましたが、秋生まれの息子。里帰りから帰ると、真冬で寒すぎて、開ける気になれなかったので、こたつの横に簡易ベッドを作り、寝かせていました。

ペットのためにベビーベッドを使う人もいます。我が家は猫を飼っていますが、この記事に書いてある通り、悪さはしません。逆に見守ってくれている守り神様になってくれていました。

詳しくはこちら

【赤ちゃんと猫の生活・仲良し】一緒の部屋はいつから?ブログで解説

不必要だと思うばかりではありません。必要だと思う理由もあります。

 

必要だと思う理由は、2つ

 

  1. 上の子から踏まれる心配がない
  2. 2人目はリビング、初産は寝室にあると良い

 

必要、メリットだと思う理由を解説

上の子の心配ってどんな感じ?と、産んでみないと想像するのも難しいかもしれませんが、友だちの子が遊びにきた時に実際に我が子も、生後4ヵ月でお腹を踏まれて正直焦りました。

やはり2歳ぐらいの子は、テレビを見ながら、おもちゃを持ちながら下をあまりみて歩いていません。ふっと違う方向を見ていると、うちの子と同様、下の子も結構踏まれていました。

この子は2歳のお兄ちゃんの話ですが、4歳上の女の子の話を先輩ママに聞いても、下はあまり見ていないと言っていました。

「やはり上の子に気をつけなさい」は難しいと思います。

2人目からは、ベビーベッドは必要だと思いました。

以上が必要、不必要だと思う、子育てをして感じるベビーベッドの印象でした。今は息子がつたい歩き、はいはいで全く目が離せません。

年子だったらと考えると…笑

上の子がいる2人目からは、ベビーベッドがいる意味がよくわかります。

収納でき、組み立てに便利な折り畳みタイプはおすすめです↓↓

 

スポンサーリンク

初産は絶対寝室に置くことがおすすめ

我が家はベッドなので、ベビーベッドと真横にくっつけて、授乳やオムツ替えもすぐにできるようにベビーベッドを置けば、息子の寝相や、ベッドからの転落する心配がなかったのかと思いました。

今はベビーベッドに見えないくらい、おしゃれなものがあったり、天使のベッドのような可愛らしいベビーベッドもたくさんあります。

いずれかはいると思いますが、初産のわたしはリビングでは使いませんでした。

でも2人目からは、周りを見ると初産から用意しておき、1人目は寝室で使うか、2人目から必要なので購入しておき、寝室のベッドにくっつけられるタイプがいいと思います。

ママと赤ちゃんはいつでも2コ1❤️

添い寝できるベビーベッドは、泣いた赤ちゃんにもさっとお世話ができて便利です↓↓

 

 

リビングにはベビーベッドよりハイローチェア!!

ハイローチェアがおすすめです。友だちもそこに寝かせて、オムツを替えたり、揺らして寝かしつけたりしていました。

月齢と共に、椅子にもできるので、リビングなら場所の取らないハイローチェアがおすすめです。

ハイローチェアはすぐに移動できます。

友だちが来てくれた時は、ダイニングの横につけて、お茶しながら赤ちゃんを見せたり、1人でいる時はソファにつけ、ママの子育てがしやすいように、簡単に移動が可能です。

ゆらすことで、すぐに眠りにつくので、先輩ママは、みんな買ってよかったと言っていました。

 

出産準備リストを考えている時も、余裕があれば買えると、子育て中のママには良い商品だと周りから聞いていました。

関連記事→最低限必要な出産準備リスト

出産準備品リスト秋から冬生まれの赤ちゃんを経験した母がブログで解説

 

まとめ

リビングにはハイローチェア。寝室にはベビーベッドとベッドをくっつけるなど、赤ちゃんとママが過ごしやすいように環境を作ると良いと思います。

生後10ヵ月になる息子を育ててみて、ベビーベッドの必要、不必要についての正直な感想でした。

少しでも参考にしていただければ嬉しいです。


【実体験】3日間陣痛の痛みに戦った出産物語。 妊娠線予防おなかのケアはいつから?落とし穴や失敗談も踏まえて解説 母乳 いつから出る? たくさん出すためのポイントを6つ紹介します

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です