【赤ちゃんと猫の生活・暮らし】仲良し画像!成長に欠かせない存在

わたしは、昔からペットを飼うことが夢でした。

結婚してから大好きなペルシャ猫をお家に迎え入れたのですが、将来子どもが産まれた時、猫アレルギーだったらどうしようと、猫を飼うことにためらったこともありました。

赤ちゃんの時から生き物を飼っていると、命の大切さも学べるし、同じように大きく成長し、息子の良い相棒になってほしいと思い、悩んでいた猫を飼うことを決意します。

猫ちゃんがお家にきてしばらく経つと、お腹の中に子どもができたことが分かります。

産婦人科の先生に猫を飼っていることを伝えると、トキソプラズマが心配だと言われました。

その時の詳しい記事はこちら

【猫を飼っている妊婦】トキソプラズマは大丈夫?実体験をブログで解説

元保育者★nana

心配していたトキソプラズマにかかることもなく、無事に元気な赤ちゃんも産まれ、今ではお互いが欠かせない存在になっています。猫ちゃんを飼って本当に良かったです。

アレルギー反応もなく、息子は猫ちゃんが大好きです。

今回は赤ちゃんと猫のいる暮らしについて、画像付きでおはなしできたらと思います。

赤ちゃんと猫のいる暮らし

息子と猫をはじめてご対面させたのは、里帰りから帰ってすぐでした。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

【赤ちゃんと猫の生活・仲良し】一緒の部屋はいつから?ブログで解説

いつも一緒。程よい距離感で息子をいつも見守ってくれます。

泣いている息子を見守るうちの猫です。見つめています笑

 

息子の昼寝中に、一緒に来たときはほっこりしました。

赤ちゃんと猫のいる暮らしっていいなってあらためて思いました。

穏やかな気持ちになります。

スポンサーリンク

赤ちゃんに、猫は悪さをしない?

いつも遠くから見守っているだけで、悪さはしません。

逆に息子がお風呂に入っているときは、かわりに息子のところで寝ていることもありました。

そこは息子のベビーベッドです笑

息子が好きなのか、私たちにかまってほしいのか分かりませんが、息子がいなくなるとさっと居場所をとる姿が、とっても可愛かったです。

猫が息子の成長をアシスト

ずりばいをするようになると、大好きな猫を追いかけます。

猫もすぐに逃げずにかたまっている姿がとても可愛いです。

はじめは寝返りをして、ころころ転がりながら、猫を追いかけていました。

寝返りもとっても上手になりました。

寝返りの詳しい記事はこちら

赤ちゃんの寝返りはいつから?注意すること5選を経験したママが解説

息子は猫のおかげでだいぶずりばいが上手になりました。高速で追いかけます。

ずりばいの詳しい記事はこちら

赤ちゃんのずりばい(はいはい)はいつから?おすすめマット

猫に近づきたい気持ちが成長をアシストしてくれました。

 

赤ちゃんが猫に近づきすぎは注意

うちの子は近づきたいがためにひたすら追っかけます。

追っかけ、逃げ遅れた猫ちゃんはしっぽを引っ張られます。

わたしが止めますが、間に合わず毛が抜けたこともありました。

触りたい一心で近づくので、まだまだ力加減のわからない息子。

元保育者★nana

優しく撫でることから、少しずつ教えていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

猫は赤ちゃんに寄ってくる

やっぱり猫ちゃんは、赤ちゃんが好きなのでしょうか?

妹の飼っている猫ちゃんに会いに行った時も、どこに行っても一緒。

元保育者★nana

初対面とは思えないくらい近くにいました。

ほっこりです。

まとめ

今回は猫と赤ちゃんの生活についてでした。これからも、もっともっと仲良くなって、良いパートナーになってほしいなって思います。

元保育者★nana

可愛い2人をこれからも見守っていきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です